日焼けをする人、日焼けをしない人の特徴について | エヌオーガニックライフ | N organic(エヌオーガニック) 【公式通販】

日焼けをする人、日焼けをしない人の特徴について

  • N organic
  • >
  • 日焼けをする人、日焼けをしない人の特徴について

目次

  • 1. 日焼けをする人しない人

  • 2. 日焼けの原因と防止対策を見直そう!

  • 3. 日焼け止めの正しい使い方

「日焼けの防止、していますか?」「日焼けの防止は今のままで十分ですか?」

日焼けの原因となる太陽の光、つまり紫外線は年間を通して降り注いでいます。

帽子、長袖、日焼け止めで紫外線を防止するなどの対策をとる必要があるのは春~秋までと長期に渡ります。

とはいえ、男性と女性の肌には違いがあったり、同性であっても日焼けしやすい人日焼けしにくい人がいます。

そうした日焼けの違いを詳しく知りながら、日焼けを防止する方法を見直し、効果的な日焼けの防止を取り入れていきましょう。



日焼けをする人しない人

日焼けをする人、日焼けをしない人がいるのはなぜ?男性女性で違いはあるの?

「私はすぐ日焼けしちゃうからもう恥ずかしいくらい真っ黒なのよね」「私は日焼けすると赤くなって痛いのよ~」お友達同士の間でこんな会話を経験したことありますよね。 

日焼けをしやすい人、日焼けをしにくい人という表現には、紫外線を浴びたときにすぐに日焼けとして黒くなる人、黒くならずに赤みの炎症として表れ沈静する人を指します。

肌は強い太陽光、つまり紫外線を浴びるとその刺激から細胞(DNA)を守ろうとメラニンを作ります。

その黒いメラニン色素の量は人それぞれのため、日焼けに対してより強く反応する人とそうではない人がいます。

防御反応としてメラニンが多く作られる人は日焼けをしやすいタイプ。反応が少ない人はメラニン量が少ないため、やけどのような炎症として表れます。

日焼けをしづらいタイプです。黒く日焼けすることはありませんが、紫外線による肌ダメージを着実に受けていますので、黒くならないからとケアを止めるのではなく積極的に日焼けを防止する必要があります。日焼けで黒くなるタイプの人も赤くなるタイプの人も、日焼けの防止は大事!

それでは男女の性差による肌の違いは日焼けという観点からどんな違いがあるのでしょう。日焼けの防止の前にまずは性差を見てみましょう。


・男性の日焼け

男性の肌は女性の肌に比べて約0.5mmほど厚いとも。

女性の手のひらや足の裏をイメージしてもらうと、顔などに比べ皮膚が厚い箇所は硬く肌触りもざらりとした感触。

厚みがある分、男性の肌は女性に比べて日焼けに強そうです。

男性は日焼けによる黒い肌を男性らしく感じる傾向があり、女性に比べて積極的に日焼けを防止することがありません。

しかし実際には、毎日の髭剃りによる乾燥や肌ダメージを受け、日ごろ日焼け止めなどで日焼けを防止してこなかったために紫外線の影響を肌に大きく受けています。

今まで日焼けの防止をしてこなかった男性は要注意!


・女性の日焼け

男性に比べて女性は白い肌を美しく感じ、日頃より日焼けを防止する意識が高い傾向があります。

女性ホルモンの影響により男性より女性の方がシミが出やすいとも言われています。

「シミ、しわ、そばかす、たるみ」など、日焼けによって肌を老化させる外的刺激にプラスして、内側からも女性は男性より肌をいたわってあげる必要があります。

男性に比べて肌の老化は早く表れますので、日焼けの防止に限らず毎日のスキンケアも怠らずに継続していきたいものです。

それでは、日焼け防止を次で見直しましょう。


日焼けの原因と防止対策を見直そう!



日焼けを防止している暇がなかったから仕方がない。

また、シミ、しわ、たるみなどが現れる肌の老化の原因を「年齢もある」と思ってあきらめていたら、肌はますます年齢以上の肌年齢になってしまいます。

年齢とともに体内の水分量や皮脂分泌も減りますが、肌を老化させる原因のほとんどが日焼け、紫外線を浴び続けたことによる「光老化」です。

年間を通して、太陽の強い熱、光から肌を守る。日焼けを防止することの重要性が分かります。

身体の外からできること日焼けの防止、身体の内からできる日焼け防止について見直すならこちらです。


日焼け止めの正しい使い方



日焼け止めの量は思ったより多い!顔であれば液状のもので500円玉ぐらいの量。

クリーム状ならパール2個分です。少ない量だと日焼け防止の効果がないのでたっぷりとつけましょう。

肌に馴染ませるための時間も必要です。期待する日焼け防止の効果は光を浴びる30分前。

外出の直前ではなく毎日の化粧水・美容液・乳液の後にプラスして日焼け止めを塗る、日焼け防止習慣をつけてしまうといいですね。

メイク前に塗った日焼け止めは、塗り直しをすることで日焼けを防止する効果が長続きします。

スプレータイプの日焼け止めは「SPF(日焼けによるサンバーンを引き延ばす時間)」を見ながら、シュッと使えるお手軽なアイテムです。日焼け防止はなるべく簡単にしたいですね。

毎日の生活に、ちょっとした日焼け防止の意識したいですね。

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事