マタママさん、パートナーも一緒に自宅でマタニティマッサージを! | エヌオーガニックライフ | N organic(エヌオーガニック) 【公式通販】

マタママさん、パートナーも一緒に自宅でマタニティマッサージを!

  • N organic
  • >
  • マタママさん、パートナーも一緒に自宅でマタニティマッサージを!

目次

  • 1. マタニティ専用マッサージとは

  • 2. マタニティ専用マッサージに役立つアイテム

  • 3. マタニティセルフマッサージ方法~足のむくみを解消

  • 4. マタニティセルフマッサージ~肩こりを解消

  • 5. マタニティセルフマッサージ~腰痛を解消

  • 6. マタニティセルフマッサージを行う際の注意点

新しい命を宿した女性の多くは、楽しみな気持ちや授かった喜び、体の変化による不安や悩み、様々な気持ちをお持ちかと思います。

妊娠すると、体には色々と変化が現れ、腰痛や肩こり、浮腫みに悩む妊婦さんは少なくありません。

食事療法やストレッチなど、お悩みを緩和させる方法はいろいろと紹介されていますが、妊婦さんでもできるマッサージがあるのをご存知ですか?

しかもポイントを押さえておけば、自宅で妊婦さん自らマッサージを行うこともできるのです。

ここではマタニティライフを快適にする自分でできる妊婦さん向けのマッサージについてお話します。



マタニティ専用マッサージとは

マタニティ専用マッサージとは、妊婦さんを対象にしたマッサージのことです。

マタニティ専用マッサージの目的は、妊娠中のホルモンバランスや、身体の変化によって引き起こされる様々な体や心の不調を緩和させることにあります。

エステサロンや指圧を行う店舗でも、マタニティ専用マッサージを行なっているところはあります。

しかしながら、予約をしてもいざその日になって体調を崩してしまったり、出向く気分になれないこともありますよね。

マタニティライフの中にマッサージを気軽に取り入れるためには、手順を覚えて妊婦さん自身がマッサージできると便利です。


マタニティ専用マッサージに役立つアイテム

ご自宅で妊婦さんがセルフマッサージを行うとき、滑りを良くするアイテムがあると役立ちます。

ここでおススメしたいのが『N organic モイスチュア&バランシング セラム』です。

本来、1本で乳液、クリーム、美容液、パックの4つの役目を果たす、マルチクリームであるこちらの商品は、みずみずしいテクスチャーで伸びが良く、身体にも使えるためマタニティセルフマッサージにも最適です。

オーガニック成分を配合し、不要なケミカル成分は使用していないので、お肌が敏感になりがちな妊婦さんのマッサージにお使いいただいても、安心です。

6つの無添加で、合成香料は使用せず、心地よい香りにこだわった厳選した精油を配合しています。

自然なスイートシトラスの香りは、妊婦さんがマッサージしながらリラックスでき、精神的なストレスを緩和してくれるはずです。


マタニティセルフマッサージ方法~足のむくみを解消

足のむくみやこむら返りでお悩みの妊婦さんに最適なマッサージです。

1:妊婦さんがマッサージを行う前に、『N organic モイスチュア&バランシング セラム』を適量手に取り、香りを楽しみながら手のひらに軽く馴染ませます。

2:手全体で包み込むようにふくらはぎを持ち、足首から膝の裏の方へ、さするように引き上げてください。

3:気持ち良い箇所は親指で揉みほぐしても効果的です。

足の甲や指もむくみ易いので、骨のきわを足首に向かって、親指で流すようにマタニティセルフマッサージするのも良いです。


マタニティセルフマッサージ~肩こりを解消

肩こりは、緊張状態から悪化する場合も多いので、リラックス効果のあるオーガニック製品を使って、妊婦さんがセルフマッサージを行うのは特におすすめです。

1:妊婦さんがマッサージを行う前に、『N organic モイスチュア&バランシング セラム』を適量手に取り、香りを楽しみながら手のひらに軽く馴染ませます。

2:右手で左肩を左手で右肩を、妊婦さん自身で片方ずつ順にマッサージします。

肩から首にかけて優しくほぐす感じで行うと良いです。

3:首の付け根から、首筋、肩にかけてを下に向かって下ろすイメージでマタニティセルフマッサージを行います。

4:鎖骨の下辺りを外側から内側へ向かって、内側から外側に向かって順に、痛みがない程度に妊婦さんの力加減でマッサージします。


マタニティセルフマッサージ~腰痛を解消

お風呂上がりの温まった身体で行うと、妊婦さんの血行が良くなりマッサージにはおすすめです。

1:妊婦さんがマッサージを行う前に、『N organic モイスチュア&バランシング セラム』を適量手に取り、香りを楽しみながら手のひらに軽く馴染ませます。

2:お腹を圧迫しない楽な姿勢で、手のひらを使い、円を描くように腰をマッサージします。

腰は妊婦さん自身がマッサージするにはやや大変ですので、パートナーに頼んで行なってもらうのも良いでしょう。

パートナーに行なってもらう場合の手順もご紹介しします。

1:妊婦さんのマッサージをする前に、パートナーに『N organic モイスチュア&バランシング セラム』を適量手に取ってもらい、手のひらに軽く馴染ませてもらいましょう。

2:楽な姿勢で横になり妊婦さんはマッサージを受けましょう。

3:背中側から優しく妊婦さんの腰をさするようにマッサージしてもらいましょう。

難しいことは必要ありません。

これだけで十分筋肉の緊張が和らぎ、妊婦さんはマッサージによりリラックスできます。

そして何より、パートナーにマタニティセルフマッサージをやってもらうことは、コミュニケーションに繋がり、精神的ストレスを緩和させてくれます。

マタニティセルフマッサージを通して、夫婦のスキンシップにも繋がり、穏やかな気持ちになることでお腹の赤ちゃんにも良い影響を与えます。


マタニティセルフマッサージを行う際の注意点



・マタニティセルフマッサージを行うのは、妊娠16週以降の安定期に入ってから行いましょう。

・マタニティセルフマッサージを行いたいときは、事前に担当の先生に相談しましょう。

・マタニティセルフマッサージはお腹に負担をかけない楽な姿勢で行いましょう。

・マタニティセルフマッサージを行うときは、身体が冷えないよう注意しましょう。

・マタニティセルフマッサージを行うときは、ツボや反射区など刺激部位は避けましょう。


いかがでしょうか?

今、妊娠中の方もそうでない方もマタニティマッサージを覚えておくとパートナーの手助けになるかもしれません。

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事