消したい目のクマはちょっとした心がけとメイクで対策できる! | オーガニックコスメ | N organic(エヌオーガニック) 【公式通販】

消したい目のクマはちょっとした心がけとメイクで対策できる!

  • N organic
  • >
  • 消したい目のクマはちょっとした心がけとメイクで対策できる!

目次

  • 1. 目のクマのタイプとその原因とは

  • 2. 目のクマを予防・改善する毎日の心がけ

  • 3. 目のクマをカバーするメイク術

鏡に映った自分の顔。「なんだか暗い・・」と感じることはありませんか?心は元気なのに、なぜか顔がパッとしない。

もしかしたら「目のクマ」がそんな印象を与えているのかもしれません。

一概に目のクマと言っても、人によって違いがあるのにお気づきでしょうか。

目のクマをタイプ別に分けながら、ちょっとした心がけを持つだけで目のクマ対策でできること、そしてあきらめがちな目のクマをカバーするポイントメイクについて紹介したいと思います。

パッと表情が明るくなるといいですよね。


目のクマのタイプとその原因とは

目のクマには3タイプあります。あなたはどのタイプでしょう?


青クマタイプ

顔の角度を変えたりすると目のクマの色が薄くなる。また体調によって濃く見える日や薄く見える日など変化がある。このタイプの方は、薄い下まぶたの血管が透けて見えている状態。冷えや血行不良が原因で青い目のクマが表れています。


茶クマタイプ

顔の角度を変えても目のクマの色が薄くならず茶色まま。

皮膚への刺激や紫外線を浴びたことにより色素沈着で茶色くなってしまったタイプです。

アイメイクをオフする際にこすりすぎたりしていませんか。

強い刺激は頑固な目のクマとして定着してしまいます。


黒クマタイプ

目の下に涙袋のようなぷっくりとしたたるみがあり、その影によって黒い目のクマができている。

身体のどの部分よりも皮膚が薄いまぶたは乾燥しがちです。

肌のダメージはたるみとなって影を作り出してしまいます。


目のクマを予防・改善する毎日の心がけ

毎日のスキンケアは欠かせませんよね。

しかし顔のケアを全て同じ調子でやってしまっていませんか?おでこ、頬、口元、目元の周り。

気になる目元の辺りはアイメイクなどでとてもポイントを置くパーツですから、メイク&オフにとても手が入ります。

ちょっと気に掛けて目のクマをケアしたいものです。


青クマタイプ

血の巡りに注意します。

水で濡らしたフェイスタオルを電子レンジで軽く温め目元へ。

パソコンやスマホなどで疲れた目もほっと一息する時間です。

目の辺りを指の腹で孤を描くように優しくマッサージします。

滞りが流れる気持ちよさを感じながらリラックスしてください。

目のクマとして表れた冷えは、目元に限らず全身にもあるはず。

血流を促す食材、玉ねぎ、にんじん、納豆、しょうがなど積極的に食事へとりいれて冷えを改善してみてください。


茶クマタイプ

色素沈着してしまった目のクマに有効なのは美白ケアです。

肌のターンオーバーを正常にするためのストレスのない生活や休息、そして食事。

スキンケアで取り入れていきたいのが、ビタミンCを含んだアイクリームなどで目のクマをケアしてあげること。

皮膚が薄く乾燥しがちな目元にしっかりと保湿ケアしてあげることで、正常なターンオーバーが期待できます。


黒クマタイプ

ハリがなくなり、たるみとして表れてしまった目のクマ。

乾燥対策やエイジングケアを心がけるとよいです。

保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンのはいったアイクリームがお勧め。

目元に溜まった老廃物を流すようなイメージで目の周りをマッサージしてくださいね。


目のクマをカバーするメイク術


目のクマのカバーに欠かせないアイテムはコンシーラーです。

このとき選ぶのは、ちょっと赤みやオレンジの色味があるコンシーラーと、自分の肌と同じかそれより少し明るめのコンシーラーの2本。

1. 色味のあるコンシーラーを、目の下3か所にポンポンと置きます
2. 明るいコンシーラーをその下に少し重ねるように3か所ポンポンと置きます
3. 指でたたくように2色を肌に馴染ませていきます

目のクマのカバーにコンシーラー1本でしていた方は是非、色味のあるコンシーラーとの2本使いを試してみてくださいね。

このとき、丁寧に指を使うと自然な質感で定着してくれます。

黒クマタイプの目のクマの方は、パールの入った光を寄せるアイテムもお勧めです。  

目のクマを予防・改善する毎日の心がけと目のクマをカバーするメイク術で、明るい表情を作ってみてくださいね。

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事