体の内側からきれいになれる?おすすめの食用オーガニックオイル | エヌオーガニックライフ | N organic(エヌオーガニック) 【公式通販】

体の内側からきれいになれる?おすすめの食用オーガニックオイル

  • N organic
  • >
  • 体の内側からきれいになれる?おすすめの食用オーガニックオイル

目次

  • 1. オーガニックMCTオイル

  • 2. オーガニックココナッツオイル

  • 3. オーガニックオイルを余らせず使おう

安全性や品質が高いオーガニックオイルはコスメに利用されるだけでなく、食用オイルとしても重宝されています。
健康や美容に効果的なオイルの種類や使用法をご紹介しましょう。

健康と美容のために知っておきたい油分の役割

油は人間の健康に欠かすことができない成分です。
不足すると髪や皮膚がぱさついたりビタミンの吸収率が悪くなったりします。
加えて、油分は良質なエネルギー源として欠かせない成分でもあります。

油分であればどんなものを摂取しても構わないかというと、そうではありません。
動物性の油を摂り過ぎると、肥満や高脂血症などが引き起こされることがあります。
摂取するなら、抗酸化作用があるビタミンEや必須脂肪酸が含まれる植物油の方が良いでしょう。


オーガニックオイルとは?

オーガニック製品は有機栽培によって作られた原料を使用していることが基本です。
オーガニックオイルとは、原料や製法において、できる限り化学物質を使わずに作られたオイルのことを指します。

どの程度まで化学物質を排除するかはメーカーによって異なります。
中には、原料から製造過程までほぼ100%化学物質を使用せずに作られているオイルもあります。

オイルは油分を多く含んでいる植物の種子や果実などを絞り不純物を除いて作られます。
食用として使用されるだけでなく、シャンプーなどのヘアケア用品やコスメにも配合されていることもあります。

添加物が加えられていないピュアなオイルは、身体にとって安全なだけでなく風味が良いことが特徴です。
オーガニックオイルは、化学物質にアレルギーを持つ人や、できる限り自然のままの素材を使用したい人の間でも好まれています。

食生活に取り入れたいオーガニックオイルの種類と効果

オイルには数えきれないくらいたくさんの種類があります。
健康や美容のために積極的にとりたいオイルの種類と特徴をご紹介しましょう。


オーガニックMCTオイル

MCTは「Medium Chain Triglyceride」の頭文字をとったもので、日本語訳すると中鎖脂肪酸という意味になります。
中鎖脂肪酸100%であることが特徴です。

オーガニックなMCTオイルの原料には有機栽培されたココナッツオイルやパームオイルなどが使用されます。
原料から中鎖脂肪酸の成分だけを抽出していることが特徴です。

エネルギーとしてすぐに使用されるため摂取しても体脂肪になりにくく、
体内に蓄積した脂肪を燃やす効果も期待できるので、ダイエット向きとも言えるでしょう。


オーガニックココナッツオイル

ココナッツオイルはココナッツの果肉から抽出したオイルのことです。甘い香りが特徴で、
気温が低い状態ではワックス状に固まります。

コレステロールやトランス脂肪酸が含まれていないオイルです。
中鎖脂肪酸が約60%含まれているののが特徴的です。
また、ヘアパックやオイルマッサージにも向いており、美容オイルとしても使い勝手がいいオイルとして知られます。


オーガニックオリーブオイル

オリーブオイルは豊かな風味が特徴です。
良質なエクストラバージンオイルはドレッシング代わりにそのまま生野菜にかけて食べることもできます。

原料にこだわったオーガニックオリーブオイルは風味がよいだけでなく、
抗酸化作用に優れたオレイン酸が多く含まれているのでアンチエイジングにも良いと一部では人気があります。
人気の高い食用油だけあってさまざまなメーカーから発売されています。


オーガニックオイルを余らせず使おう


オイルは食べ方のバリエーションが豊富です。上手に使えば毎日飽きずに摂取できます。
食用のオーガニックオイルのおすすめの使い方をご紹介しましょう。


サラダドレッシングとして使う


オーガニックな原料と製法にこだわったオイルは、加熱せずにそのまま使用しても食べられることが特徴です。
オイルをそのまま使って素材を活かした料理を作りましょう。

たとえば、オーガニック素材を使ったオリーブオイル、アボカドオイル、
ごま油などはフレッシュな香りが楽しめるため手作りのドレッシング向きのオイルです。

そのまま生野菜にかけてもいいですが、タマネギ、ショウガ、トマト、シソといった野菜を刻み、
オイル、酢、塩胡椒を好みの分量混ぜ合わせるとドレッシングが簡単にできます。
野菜に使うだけでなく、肉や魚をマリネしてもいいですね。


コーヒーや紅茶などに入れる


オーガニックオイルは肉や魚を焼いたり野菜を炒めたりする際に使用するだけでなく、
コーヒーや紅茶などの温かい飲料に加えて使うことも最近では見られるようになりました。

たとえば、ココナッツオイルをコーヒーに加えると手軽に中鎖脂肪酸を摂取できます。
甘い風味が加わり、砂糖を入れなくてもほんのり甘味が感じられるところも魅力です。


カレーやみそ汁などの料理に加える

オーガニックオイルは調理過程で使用するだけでなく、完成した料理に加えて楽しむこともできます。
たとえば、MCTオイルは癖が少ないオイルです。
そのため、カレーやみそ汁などの料理に加えても味や風味を損ねることがありません。


更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事