本物の証|オーガニックマークとオーガニック認証団体まとめ

  • N organic
  • >
  • 本物の証|オーガニックマークとオーガニック認証団体まとめ

目次

  • 1. オーガニックマークとは?

  • 2. 日本のオーガニックマークは有機JASマークだけ?

健康志向の方が増えたことで、口に入れるものだけでなく、
衣類やコスメなどの日用品にもオーガニックの関心が高まっています。
しかし、簡単にオーガニックと言っても、実際は本当にオーガニックなのかどうかは消費者にはわからない部分もありますが、今回ご紹介する「オーガニックマーク」を表示することで、消費者にもわかりやすく商品提供をしている団体があります。
オーガニックマークやオーガニックを認証している団体について詳しく見ていきましょう。


オーガニックマークとは?


オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに、自然本来の力を活かして環境に配慮した農法です。
私たちの身体にとって良いこと…として取り入れている人も多いかもしれませんが、
オーガニックを選ぶことは、私たちの身体だけでなく、環境にも優しい取り組みになっているんですね。

農産物や畜産物、加工食品でオーガニックを表示するには、
農林水産省が定める「有機JASマーク」の認定が必要となります。
JASとは日本農林規格の事を指し、品質改善や生産・取引・消費の合理化のため、
農水大臣の指定した農林水産物や畜産物、加工食品について、農水大臣が制定する標準となります。

有機JASマーク」とはJASマークの内の1つで、
農薬や化学肥料を使用しない・有機飼料を与える・食品添加物の使用を控えるといった、有機JAS規格を満たす農作物・畜産物・加工食品などにつけることができるマークで、
国産品も輸入品も対象となります。
これはJAS法で定められており、登録認定機関(農林水産大臣に指定された第三者機関)の許可なく、
オーガニックを謳うことはできません。


オーガニックマークを表示するメリットとは?

有機JASマークを表示することで、消費者・販売者にどのようなメリットがあるのでしょうか?
 

消費者からの信頼

国が定めた基準を満たしているということで、
販売者・消費者も安心してその商品を販売・購入することができます。


商品の差別化

商品に有機JASマークが表示されることで、私たち消費者も選択しやすくなります。


JAS規格は全国共通

自社によるルールではなく、全国一律のルールに基づき認定されているので、
誰でも農林水産省のwebページから閲覧することができます。


第三者機関による定期的な検査

自社による検査は人為的なミスが起こりやすくなりますが、第三者機関が監査を行うことで、
精度の高い監査を行うことができます。

これらの4つのポイントから見ても、有機JASマークを表示することで、
私たち消費者側も信頼・安心して商品を選ぶことができますね。


オーガニックマークを表示している商品はどのように認定されているの?

オーガニックであることを認定してもらうためには、たくさんの手順を踏む必要があります。
どのような流れを経て有機JASマークを表示しているのでしょうか?


JAS規格の制度について理解する

JAS規格制度とは、農林水産大臣が制定した日本農林規格(JAS規格)による検査に合格した製品に、JASマークを貼付することを認める制度です。
JAS規格の制度とはどのような制度なのか見ていきましょう。


JAS規格の制定

JAS規格は、農林水産大臣が農林物資の種類(品目)を指定して制定します。
規格の制定等に当たっては、消費者・生産者・実需者・学識経験者等から構成される
「農林物資規格調査会(JAS調査会)」の議決を経なければなりません。

JAS規格を消費者の需要の変化に対応させ、必要性の乏しくなった規格を整理するため、
既存のJAS規格については、5年ごとに見直しを行っています。
その際には、生産・取引・使用又は消費の現状や将来の見通しに加え、
国際的な規格(Codex規格等)の動向を考慮することとしています。

 JAS法において、農林物資とは酒類・医薬品等を除く①飲食料品及び油脂②農産物・林産物・畜産物・水産物・加工品(①に掲げるものを除く)と政令で定めるものをいい、これに該当するものであれば国内外のいずれで生産・製造されたかにかかわらず、JAS規格の制定の対象となります。

JAS規格を定めることのできる基準としては、以下の3つが存在します。 

①品位、成分、性能その他の品質についての基準

 ②生産の方法についての基準

 ③流通の方法についての基準

これらの3つの基準により、オーガニックマークを表示できるかどうかを見極めます。
 

JAS規格とJASマーク

平成27年6月の時点で、62品目について201規格が定められています。 
品位、成分、性能その他の品質についてのJAS規格制定品目一覧

・飲料品および油脂(38品目155規格)
 即席めん・マカロニ類・植物性たんぱく・しょうゆ・風味調味料・ドレッシング・醸造酒・トマト加工品・炭酸飲料・乾燥スープ・マーガリン類・ソーセージ・チルドミートボールなど

・木質建材(9品目30規格)
 素材・製材・集成材・直交集成板など

・その他(1品目1規格)
 畳表
 品位・成分・性能その他の品質についてのJAS規格に適合する製品には、JASマークを貼付します。


生産の方法についてのJAS規格制定品目一覧

・有機(4品目4規格)
 有機農作物・有機加工食品・有機飼料・有機畜産物

・生産情報公表(4品目5規格)
 生産情報公表牛肉・生産情報公表豚肉・生産情報公表農産物・生産情報公表養殖魚

・その他(5品目5規格)
 熟成ハム類・熟成ソーセージ類・熟成ベーコン類・地鶏肉・手延べ干しめん


流通の方法についてのJAS規格制定品目一覧

・定温管理(1品目1規格)
 定温管理流通加工食品
 
・格付の仕組
 JAS規格が定められた品目について、その該当するJAS規格に適合していると判定することを格付といい、格付を行った製品にはJASマークをつけることができます。

この格付を行うかどうかは、製造業者等の自由に任されており、JASマークの付されていない製品の流通にも制限はありません。
JASマーク制度の普及は、基本的にJASマークにより品質を保証された製品が市場において消費者等に好まれ、選択されることにかかっています。

これらの制度について理解をすることから、オーガニックマークを取得するスタート地点に立つことができるのです。
 

組織や施設などが基準を満たしているか確認する

組織(人員、資格要件など)や施設(生産ほ場の条件、広さなど)がこれらの基準を満たしていることが条件となります。


登録認定機関を選ぶ

審査を依頼する登録認定機関を選びます。


講習を受ける

講習を受けることが認定取得の必須条件となり、生産行程管理責任者・小分け責任者・受入保管責任者・
格付(表示)担当者になる方は、認定の技術的基準に基づき登録認定機関の指定する講習会を受講する必要があります。


申請書を提出・書類審査

この時点で、過去に認定を取り消して1年未満の事業者等は受理されないので、厳しい審査を行っているようですね。


実地検査

書類審査が通った事業者のもとに、登録認定機関の検査員が現場へ出向き、認定の技術的基準を満たしているか確認します。


判定・認定書の交付

これらの手順をすべてクリアした事業者にのみ、オーガニックマーク(有機JASマーク)を認定し、私たち消費者のもとに届けられるのです。


オーガニックマークの認定基準とは?

オーガニックマークを表示するにあたり、どのような規定があるのか見ていきましょう。


農産物の場合

●周辺で使われた禁止農薬や禁止肥料が入ってこないように管理し、種まき又は植え付けの前2年(多年生にあっては3年)以上の間、有機栽培を行った水田や畑で生産する。

●有機栽培においては、作物を栽培する田畑や農園から出る、農産物の不要物に由来するたい肥等を利用し、禁止された化学肥料は使用せず、認められた肥料や土壌改良資材だけで土づくりを行う。

●種や苗は有機栽培されたものを使用し、どうしても手に入らなければ有機栽培に近いものを使用することも可。

●遺伝子組換え技術は使用不可。

●害虫、病気、雑草対策は農薬を使用しない方法で管理し、被害が大きくなる可能性がある場合には、認められた農薬だけが使用可。

●収穫後も有機以外の農産物と混ざったり、薬品などにより汚染されたりしないように管理する。


畜産物の場合

●えさは有機飼料を与える。

●野外への放牧や清潔な畜舎等、家畜ができるだけストレスの少ない環境で過ごせるよう飼育を行う。

●健康管理をしっかり行い、病気の治療の場合を除き抗生物質は使用不可。

●有機飼育した母親から生まれた個体を扱う。

●有機以外の畜産物と混ざったり、薬品により汚染されたりしないように管理する。


飼料(えさ)の場合

●有機の飼料(えさ)は、原則として有機農産物や有機加工食品と同じように作る。

●複数の原料を配合する飼料では、使用できる原材料についても決められている。


加工食品の場合

●有機農産物や有機畜産物を原材料として使用し、有機でない原材料は全体の5%未満のみ使用可。

●食品添加物は、許可されたものに限り最小限しか使用できない。

●製造過程や保管段階で有機以外の製品と混ざったり、薬品によって汚染されたりしないように管理する。


輸入農産物・加工食品の場合

●外国の事業者がJAS認定を取得し、有機JASマークを貼付し、国内の輸入業者がこれを輸入する。又は、国内の認定輸入業者が外国の有機食品の認定を受けている製品を輸入し、有機JASマークを貼付する。
※前者の場合は輸入元となる国に制限はありませんが、後者の場合日本と同等の水準規格の国(20か国)のみ認められています。
『アイルランド・アメリカ合衆国・アルゼンチン・イタリア・英国・オーストラリア・オーストリア・オランダ・ギリシャ・スイス・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・ニュージーランド・フィンランド・フランス・ベルギー・ポルトガル・ルクセンブルグ』
 

輸入畜産物・飼料の場合

●外国の事業者がJAS認定を取得し、有機JASマークを貼付した有機畜産物を国内の事業者が輸入する。


日本のオーガニックマークは有機JASマークだけ?


有機JASマークは農産物・畜産物・加工食品を対象としたオーガニックマークでしたが、加工酒類・有機綿花のオーガニックを認証するマークとして「OCC認証マーク」というものがあります。

加工酒類は、原材料(米・麦・イモ他)が有機認証されていること(原材料に有機JASマークが貼付されていること)が条件となり、有機綿花は、有機JASマークの農産物の認定方法に沿って栽培される、オーガニックコットンのみに認証マークが認定されます。

OCC認証マークでは、オーガニックコスメの認証も調整中とのことですので、直接お肌に使うコスメも安心安全なものを選びたいですね。


オーガニックコスメとは?

化学成分を全く使用しない、又はごく少量のみ使用して作られた化粧品で、「人間の肌が本来持つ自然治癒力を助長・回復させることに着目したスキンケア用品」という目的で販売されています。
化学成分を含むものに比べて低刺激で、化粧品の品質を長持ちさせる添加物まで使用していないものも多いため、開封後1週間~1か月と使用期限を設定されているものもあるようです。

オーガニックコスメは法的なルールがないため、植物由来成分を使っているというだけでオーガニックを謳っている商品もありますが、最近ではオーガニックが着目されていることから、栽培するための土壌についても重点的に精査しているものもあるようです。


世界のオーガニック認証団体によるオーガニックコスメ

オーガニック認証団体は日本だけでなく海外にも存在します。
その中でもオーガニックコスメを認証している団体をご紹介したいと思います。


アメリカ


USDA…United States Department of Agricultureの略称で、日本の農林水産省と同じく政府機関が定めたオーガニック認定機関です。
日本と同じくオーガニック認定の基準を一律にし、認可を受けた認定機関のみがオーガニック認定を行うことができます。
しかし、オーガニックコスメについての一律の基準はなく、そのため食品などに認定されるUSDAが基準とされることが多いようです。


USDA基準

●3年以上農薬・化学肥料を使っていない耕地で栽培された、オーガニック原料を使っていること。

●100%有機栽培で育てられた原料を使っていること。

●水分と塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料を使っていること。
となっています。


イギリス


SoilAssociation[ソイル・アソシエーション]…健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念を元に作られた、オーガニック認証団体です。
イギリスのオーガニック製品の約80%がソイル・アソシエーションの認定を受けているという、イギリスの基準値ともいえる団体で、植物原料の認定の段階でもソイル・アソシエーションの名前が出るほど有名です。


ソイル・アソシエーションの基準

●遺伝子組み換え作物の制限。

●土壌を用いない栽培方法(水栽培、鉢植え等)の禁止。

●オーガニック作物の生産耕地では、過去5年以内に遺伝子組み換え作物が生産されてはならない。

●登録済み生産耕地では、農薬や化学肥料はもちろん、遺伝子組み換え作物の栽培も一切禁止。

●土壌の肥沃さの向上と作物の収穫バランスを達成 。
といった、土壌の段階から健全であることを強く意識した内容となっています。
オーガニックの基本である土壌を大切にしているという点でも、ソイル・アソシエーションのマークがある製品は「安心である」ということを、強く確信できるのではないでしょうか。


イタリア


SoCert…QC&Iという農産物のオーガニック認証機関を母体とした団体となっています。
コスメだけでなく、食品や洗剤も対象とした基準を設け

●100%植物原料であること。

●主原料に有機栽培認証原料を使用すること。

●水を含めた成分の20%以上が有機認証原料で構成されていること。
という、「100%」という厳しい基準を設けています。

・AIAB[アイアブ]…Associazion Italiana per I'Agricolture Biologicaの略称で、農業省から正式に認可されたイタリア最大級のオーガニック認証団体です。


EU


・Na True[ネイトゥルー]…大きなヨーロッパではたくさんオーガニックコスメの認証団体がありますが、有名ナチュラルコスメブランドが集結して立ち上げたオーガニックコスメの認証団体です。
ネイトゥルーの特徴は「基準を一般公開する」「認証制度をビジネスにしない」ということをモットーに、認定基準や認定プロセスをHP上ですべて公開し、オーガニック成分の含有率を星の数で表示しているという点です。

星の数というのはネイトゥルー独自の表示で、オーガニックの認定成分の割合によって星の数が変化します。
★1つはオーガニック認定成分70%未満・★2つはオーガニック認定成分70%以上95%未満・★3つはオーガニック認定成分の割合が95%以上と表示され、化粧品のアイテムや品目ごとに、天然由来成分の許容配合率・天然成分や水分の配合率・天然ミネラル等の配合率などの割合が定められているので、消費者にとってわかりやすく、安心して選ぶことができるオーガニックコスメとなっています。


オーストラリア


・ACO…農産物やオーガニックフードの認定を行う団体として設立され、オーストラリアで最大のオーガニック認証団体です。
他のオーガニックコスメ認証機関に比べてもかなり厳しい基準内容で、化学合成成分は一切不使用で、100%オーガニックの物だけを認定しています。
その基準は
●原料の95%以上がオーガニックな農作物である事
●残りの5%についても、農作物でない天然の原料、またはオーガニック認定でない天然の農作物である事
●農作物は全て遺伝子組み換えではない事
となっています。


ドイツ


BDIH…医薬品・化粧品商工業企業連盟で、自社製品の成分や製法など、エコ・ナチュラルに自信を持つメーカーやブランドが集まって作り出されたオーガニックコスメのガイドラインです。

ドイツはエコ・ナチュラルに関する先進国なので、そのガイドラインも細かくなっています。

●可能な限り植物原料を使用し、使用する植物は有機栽培又は野生採取であること。

●動物実験は、委託実験を含み一切行わない。また哺乳類に由来する原料(ミンク油、モルモット油、動物性コラーゲン、細胞など)は使用不可。

●塩類(硫酸マグネシウムなど)や鉱物(塩化ナトリウムなど)は原則的に使用可能。

●オーガニックコスメを製造する際、乳化剤として以下の原料から加水分解、水素添加、エステル化等で加工した場合は使用可能。

●合成着色料、合成香料、シリコン、パラフィン、その他石油製品は使用不可。

●製品の安全と安定性のために使用する、防腐効果のある天然成分の保存料は使用可能。天然の状態で存在している場合は使用可能。 ただし、配合する場合は必ずラベルに表示をする。

●成分、及び化粧品を放射線による殺菌、防腐加工は行わない。

●上記の基準を満たしているかどうか、ドイツの独立機関によって管理・記録される。

BDIHの特徴は、動物への配慮もきちんと書かれているということ。
オーガニックとは人間だけではなく、自然界とその生き物たちにも優しくなくてはいけないという理念が伝わってきます。

demeter[デメター]…オーガニック認証の質を保証する「IFOAM」にも加盟しているオーガニック認定機関です。
バイオダイナミック農法という、作物本来がもつ「生命力」を重視した有機農法を推奨しています。


生命力を重視した基準とは?

●畑の土壌に関して一切の化学肥料や化学薬品(除草剤など)の使用を禁止。

●最低3年間の有機農法を続けていること。

●太陽や月、惑星や星座の運行のリズムに調和して、種まき・施肥・収穫を行うこと。

バイオダイナミック農法を採用し、さらにデメターの基準である

●バイオダイナミック有機農法によるデメター認証原料を最低でも水を含む全量のうち90%以上に使用する。

●アルコール、キサンタンガム、レシチンなどの乳化材他の化学原料の使用不可。

●バイオダイナミック有機栽培農法を規定通りに実施していること。

●化学香料は使用不可 。という項目をクリアしたものだけが、オーガニックコスメとして認証されます。

eco control[エココントロール]…「BDIHよりも厳格なガイドラインを作ろう」という意図で発足されたオーガニック認証団体です。
そのため、化粧品認定においては「効果が皮膚科学的に確証されている」という独特の項目があり、安心・安全という点でも大きな働きをしています。


エココントロールの基準

●植物原料は主に管理生物学的に栽培された植物もしくは認定された野生種を採取して得られる。

●殺傷した動物から得た成分は使用しない。

●鉱物原料は無害である限り基本的に使用可。

●乳化剤と界面活性剤の使用は制限のもと使用可。

●保存料は植物性原料より製造 。

●使用するエッセンシャルオイルのほとんどは有機栽培のもの 。
となっており、こちらの団体もすべての生物に対してオーガニックであるということがわかります。

neuform[ノイフォルム]…こちらはオーガニック認証団体ではなく、厳しい基準をクリアした企業のみが会員になれる反自然破壊団体。


オーガニックの基本

●動物実験をしない。

●殺傷した動物から得た成分は使用しない。

●最優先は保存料を使用しない特殊な製造方法。(一部の自然原料由来成分は許される。)

●製造工程を最適に衛生管理が行われている。

●安全性が極めて高くエコロジカルで効果的な製品であること。
という基準が設けられ、オーガニックの根本を理解するうえで必要な団体と言えます。


フランス

ECOCERT[エコサート]…ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、認定を行なう第三者機関で、農学者の団体によって設立されました。
高い評判と信頼からオーガニック認証団体の世界基準とも言われ、世界最大規模のオーガニック認証団体となっています。
エコサートの化粧品には2つのラベルがあり、基準もそれぞれ違います。


COSMEECO[コスメエコ]


●完成品の95%が自然原料であること。(水含む)
●完成品の5%は化学原料で良い。
●化学香料は使用不可。
●完成品の5%は、オーガニックでなければならない。
●植物原料の50%は、オーガニックでなければならない。


COSMEBIO [コスメビオ]


●完成品の95%が自然原料であること。(水含む)
●完成品の5%は化学原料で良い。
●化学香料は使用不可。
●完成品の10%は、オーガニックでなければならない。
●植物原料の95%は、オーガニックでなければならない。

ecobio…エコサートとは別の、フランス通商産業省のオーガニック認証制度です。
こちらは団体ではなく、日本でいう「有機JASマーク」と同じオーガニックマークで、オーガニックと謳う商品が増えたことで、その真偽を明確にするためにも一律の基準を設けるため設立されました。


ecobioの基準

●原材料の95%は天然由来
●生物性由来原材料の50%がオーガニック農法
●製品の5%以上がオーガニック原料
という基準をクリアすることで、ecobioのオーガニックマークを付けることができます。

各国細かな基準や特色は違うものの、生物にも環境にも配慮した高い基準が設けられていました。
やはり、オーガニック認証団体が認定したマークがあるオーガニックコスメは、消費者側にとっても明確で安心して選ぶことができる基準となるのではないでしょうか。


日本にオーガニックコスメはないの?

2007年日本オーガニックコスメティック協会(JOCO)が内閣府の認証を取得し、2010年9月には、オーストラリアのオーガニック認定機関ACOと連携を結んでいます。


日本オーガニックコスメティック協会(JOCO)の基準


●国内流通製品においては原則有機JAS規格に準拠。

●海外の製品においてはIFOAM(国際有機農業推進連盟)に準拠。

●環境への負荷をできるだけ低減した栽培や製造・加工に関する。
という内容が設けられています。
こちらも、オーガニックの基本である、人々の健康と環境に配慮した製品づくりの信念に基づき定められているそうです。

日本の化粧品会社400社から認証の問い合わせがあったようですが、残念ながら日本オーガニックコスメティック協会(JOCO)の基準に達するオーガニックコスメは無かったようです。
ですから、日本で販売されている日本製品のオーガニックコスメは、何らかの認定を受けているわけではなく、販売会社独自の判断で「オーガニック」と謳い販売しているということです。


オーガニックコスメのメリット・デメリット

オーガニックコスメとそうでないコスメの違いとは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。


メリット

●自然由来成分なので肌への刺激が少ない
●肌本来の力を発揮・取り戻すことができる
●自然由来の香りでリラックス効果が高い

オーガニックコスメの大きな利点は、刺激が少ないということではないでしょうか。
敏感肌の人にとって、ケミカル成分はどうしても合わずに、何度も化粧品を変えているという人は少なくないと思います。
肌本来の力を取り戻すことによって、敏感肌が改善するサポートをしてくれます。


デメリット

●植物由来が肌に合わない場合がある
●肌本来の力を発揮するまでに時間がかかる
●ケミカル成分でしか補えない成分が配合されていないため使用感が劣る

自然由来だからこそアレルギー反応が表れてしまう人もいます。
また、オーガニックコスメはケミカル成分が配合されている製品に比べ、即効性を感じられないことから、「効いていないのでは…」と途中で断念してしまう人もいるようです。
肌本来の力を取り戻すには時間がかかってしまうので、根気よく続けられる人に向いていると思います。


オーガニックと呼べる製品は、土壌から製法までをこだわりぬいてこそ、真のオーガニックコスメと呼べるのではないでしょうか。

日本ではまだまだコスメに関してのオーガニック知識・意識が低いということがわかりました。
オーガニックを求める人が増えていく中で、日本のオーガニックコスメ事情もどんどん成長していくことに期待したいと思います。


更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事