実は知らない?あなたの肌質に合った洗顔の種類と効果とは?

目次

  • 1. 洗顔の種類は?自分にはどれが合う?

スキンケアの中でもかなり重要なポイントになってくる、洗顔。
たくさんの基礎化粧品が販売されていますが、使用する洗顔によって効果が変わることをご存知でしょうか?
また自分の肌質に合った洗顔を使うことで、脂性 改善や乾燥予防、ニキビ予防などの効果を期待することができます。
それぞれの洗顔の効果を知って、自分に合った洗顔方法を探してみましょう。


洗顔の種類は?自分にはどれが合う?


様々な基礎化粧品 販売されていますが、その中でも洗顔は毎日欠かさず使うものです。
毎日使うものだからこそ「これでいいや」と選んでいる方も多いと思いますが、実は洗顔の種類によって効果が変わってくることをご存知でしょうか?
たくさんの基礎化粧品 販売されているからこそ、こだわって選んでほしい洗顔。
現在使用している洗顔と、効果のある肌質を確認しながら洗顔の種類を確かめてください。


【固形石鹸】

昔から使われている洗顔で、お子様からお年を召した方まで幅広い層に愛されている固形石鹸。
固形石鹸には2つのタイプがあり、白っぽく不透明なタイプと透明のタイプがあります。
この2つのタイプによって効果が変わってくるのも特徴的です。

・白っぽく不透明なタイプ
このタイプの固形石鹸はオイルべースで作られているものが多く、洗浄力がとても強いです。
成分安定のためにアルカリ成分が多めに使用されているので洗浄力が強いのですが、その分、肌への刺激も強いのがデメリットでもあります。
敏感肌や乾燥肌の方が使用すると更なる乾燥を招いてしまいますが、脂性 改善が見込める洗顔です。

・透明なタイプ
このタイプは保湿成分をメインに作られているため、洗いあがりがしっとりとするのが特徴的です。
洗浄力は弱めですが、どの肌質でも使用することができます。


【洗顔フォーム(クリーム)】

定番中の定番でもある洗顔フォームはチューブタイプで販売されていることが多く、お風呂場や洗面所などの湿気の多い場所での管理もしやすいと1番人気の洗顔です。
販売メーカーによってさっぱり・しっとりと分かれているので、自分の肌質と合った商品を選ぶのがオススメです。
ただ洗顔フォームのしっとりタイプには油分が平均で30%~40%は入っているので、肌に油膜が残りやすくなります。
脂性肌・混合肌の方にはあまりオススメできません。


【ジェル洗顔(リキッド)】

ジェル洗顔は泡立ちはいいのですが、モチモチとした泡にならず水分量の多い水っぽい泡になります。
洗浄力が強いので脂性 改善が見込めます。


【パウダー洗顔】

パウダー状の洗顔を水で溶いて手のひらで泡立て使用するタイプの洗顔です。
面倒ではありますが、水を加えることで活性化する酵素などの成分を含んでいるのでパウダー状で販売されています。
洗浄力・成分はメーカーにより様々ですが、洗浄力は弱く肌に優しいのが特徴的です。


【泡タイプ】

ポンプ式の容器で販売されているので泡立てる必要もなく、手軽なことから大変人気の洗顔です。
便利である反面、便利さを保つために界面活性剤や発泡剤配合といったケミカルなものが多く含まれています。
敏感肌の方やケミカル成分に反応してしまう方にはオススメできません。


【スクラブ洗顔】

角質の除去と洗顔を同時に行える洗顔で、一石二鳥とこれもまた人気の洗顔です。
スクラブ洗顔には洗顔の他に粒状の洗顔物質が入っており、これが肌とこすれることで古い角質の除去をしてくれます。
刺激が強く肌を痛めることがあるので、泡立てたあとは優しく肌を洗うのがオススメ。
脂性 改善は見込めますが、敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌には不向きです。


【泡立たないタイプ】

洗った気がしない!のがデメリットでもある泡立たない洗顔ですが、かなりの敏感肌・肌荒れしやすい方にオススメの洗顔です。
洗浄力が弱く汚れ落ちも悪いですが、肌を痛めることはありません。
月経前や肌荒れが始まったときに、他の洗顔と一緒に使うことで効果を高められます。


【ふき取り洗顔】

コットンにふき取り用の洗顔を付け撫でるようにして汚れを落とす洗顔は、敏感肌・乾燥肌・脂性肌 改善が見込めます。
特に朝の洗顔は必要以上に脂を落としてしまうことが多く、メイク馴染みが悪くなる原因にもなります。
必要な脂だけを残し余分な脂と汚れを落とすことができるので、1番オススメな洗顔です。


オーガニック 洗顔と普通の洗顔はなにが違うの?

様々なメーカーから基礎化粧品 販売されいますが、スキンケア用品の一部として認識されるようになってからは洗顔に含まれる成分にも気を遣う方が増えてきました。
そこで気になるのが、オーガニック 洗顔と普通の洗顔の違いです。


【オーガニック 洗顔】


オーガニック 洗顔と聞くと「肌に優しい」というのをイメージする方も多いかと思いますが、オーガニック 洗顔は「有機栽培された植物や果物を使って作られた洗顔」のことを指します。
洗顔は直接肌に触れるものであり1番最初に肌に触れるものでもあるので、肌にとって良いものを与えたいですよね。
ですが、オーガニック 洗顔には明確な基準がなく、中にはオーガニックと言いつつケミカルな物質が少なからず含まれているものもあります。
これはメーカーによるとしか言えないのが現実ですが、ほとんどのメーカーはインターネット上で成分表示を明確にしています。
オーガニック成分を保つために肌に悪影響のない程度のケミカル物質を使用している場合も多く、肌質改善を目指す方やより確かな安全性を求める方はのオーガニック 洗顔を使用するのがおすすめです。

このようにオーガニックだからといって絶対的ではないのがもどかしいところでもありますが、それでも一般的な洗顔に比べるとオーガニック 洗顔はより安全に、より良いものを使用して作られています。
乾燥肌・混合肌・ニキビ肌・脂性肌の肌質改善には効果を見込めるものが多いので、迷いのある方はオーガニック 洗顔を選ぶのが良いでしょう。

洗顔は毎日使うものだからこそ、安定して肌に合っているものでないと思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。
洗顔は基礎化粧品を販売しているところではたくさんの種類を取り扱っていますが、心配な方は専門家に相談するのがオススメです。
洗顔は基礎化粧品の中でも軽視されがちですが、実は1番大切なステップでもあるのです。
「これでいいや」ではなく「これがいい」を見つけて、さらなるキレイを追求しましょう!


更新日時: 2018年06月04日 15時25分

関連記事