2018年春夏トレンドメイク!

注目はツヤ肌&グリッター!そしてチークの場所を変えるだけで、2018年春夏メイクのトレンドを取り入れたメイクに早変わり。
今あるコスメと新しく取り入れたいアイテムを紹介しながら、2018年春夏メイク方法を3つに絞ってご紹介します。
そして注目のカラーはピンクとイエロー!旬のカラーはどう使う?どこに取り入れたら効果的?メイクとカラーを見直しちゃいましょう!


思わず魅せられる「濡れたようなツヤ肌ベースメイク法」

内側からあふれるような輝きとみずみずしい若さ。
そして顔の表情を際立たせてくれるような、立体感。これがツヤ肌メイクです。
若いだけではなく、大人女子まで納得の肌質感は幅広い年代の女性に人気。
そんなツヤ肌にするには?


①保湿

これからメイクをする前に是非肌の調子を見てあげてくださいね。
化粧水や乳液など使いメイク前の肌を整えましょう。


②ベースメイク


化粧下地を選ぶならピンク系を。下地のカラーはイエロー系、ブルー系、ピンク系とありますが、血色がよく見えるピンク系がお勧め。
色ムラにならないよう伸ばしていきます。
目元、口元はヨレやすいのでしっかり押さえて肌に馴染ませて。光を拡散するラメ感のある化粧下地もありますよ。


③ファンデーション


ふんわり感のあるパウダー、肌にしっかり密着するリキッドがあります。
ツヤ肌にお勧めはリキッドタイプ。マット肌とは違う透明感のあるツヤ肌を作りましょう。商品によって使用量は異なりますが、パール1粒ととても少量。
また、リキッド+オイルや乳液を混ぜてさらに分量を減らす方法も。
頬のシミやそばかすを気にするとそこだけ厚塗りになってしまいます。
コンシーラーでカバーするのをお忘れなく。
塗り方は、ファンデーションをひと肌にくるくると温めてからスポンジなどで伸ばします。鼻や頬骨など顔の高い位置から塗りはじめ、目元口元は少量に。ツヤ肌には専用ブラシがありますから、いままでスポンジや指で伸ばしていた方は是非試してみてくださいね。


④ハイライト


顔を立体的に見せるハイライトを入れることで、さらにツヤ感がアップします。
専用のクリームやパウダー、リッキドタイプなどいろいろ。
鼻や目元あたりにハイライトの輝くパール感を入れることでメリハリのある立体的な顔になります。


⑤フェイスパウダー

仕上げにフェイスパウダーをしてベースメイクは完了です。


誰でもできちゃう「キラキラ☆グリッターメイク」

2017年から続き、2018年もキラキラのグリッターメイクが旬。
2017年に比べ、さらに輝きを増したラメやモード感のある大粒ホログラムなどが話題です。
2018春夏トレンドメイクはアイメイク!と覚えちゃいましょう。
フェスや夏祭りなどイベントによってキラキラ具合を使い分けてもいいですね。


①下地

アイシャドウベースやグリッター用下地、ワセリンをアイホールに馴染ませます。
ラメがしっかりと定着するよう、ひと手間を指やブラシで軽くやっておきしましょう。


②アイシャドウ


ラメやグリッターともマッチするカラーを。
トレンドカラーのピンク系をチョイスすれば旬。
イエローやグリーン系も今年お勧めです。瞼の上、また全体を囲むようにアイシャドウを入れてもいいですね。


③ラメ

グリッターを入れます。「丁寧に」がポイント。瞼の上、頬の高い位置など年代によってさまざまな幅があります。
落ち着いた大人女子には目頭や瞼の中央、目尻など控えめな輝きがお勧めです。


④もっとキラキラしたい!

ホログラムやストーンなど大ぶりなグリッターを。
接着にはワセリンや乳液のほか、サイズ感のあるものはまつ毛用の接着材をポイントで使うのも手。
かわいい♡、☆など挑戦したいモチーフもあるので、是非今年は春夏メイクのトレンドにトライしてくださいね。


ポイントは場所だった!「チークから見る、春夏メイクのトレンド」

チークはいつもどこにしていますか?頬に置いていたチークが、今年は目の下からさらにアイメイクとつなげるような一体感で登場です!


①ピンク系はもちろん、コーラル系もお勧め。


日差しの下の健康的なカラーが今年のカラーです。グリッターメイクとの一体感を意識しながら選んでみてくださいね。


②パウダータイプのチークはファンデーションの後。


リキッドやクリームタイプのチークはファンデーション前に塗ります。
パウダータイプは、中央から外へとブラシで往復させて馴染ませます。
リキッドやクリームタイプは、一度手の甲で馴染ませてから指で少しずつ伸ばし色ムラができないようにしましょう。
その上にファンデーションをのせてくださいね。

2018年春夏のトレンドメイクを、ツヤ肌、グリッターメイク、チークと3つに絞ってご紹介しました。
もうすでにお家にあるコスメを活用もできますし、グリッター用に新たに買い足したほうがよいものもあります。
マット感のある秋冬の落ち着いたメイクから、春夏を意識したキラキラ輝くメイクにチェンジしましょう!是非試してみてくださいね!


更新日時: 2018年02月14日 13時19分

関連記事