知っていると役に立つ!クレンジング剤の種類と効果

目次

  • 1. 【クレンジング剤の種類と効果】

  • 2. オイルタイプ

  • 3. ローションタイプ

  • 4. シートタイプ

  • 5. クリームタイプ

  • 6. ミルクタイプ

  • 7. ジェルタイプ

  • 8. ポイントメイク専用タイプ

  • 9. 自然派な化粧品のおすすめ

日々メイクアップする習慣のある女性たちには欠かせないクレンジング。

一口にクレンジング剤と言っても、様々な種類の物が販売されていますよね。

ここではそれぞれの特徴や効果を説明すると同時に、自然派化粧品とケミカル化粧品との違いについて、簡単にお話したいと思います。


【クレンジング剤の種類と効果】

クレンジング剤には、大きく分けて7つの種類があります。

それぞれの特徴や効果、使い方について簡単に説明したいと思います。


オイルタイプ


[特徴と効果]
油分が多いため、肌への馴染みが良く、高い洗浄力で落ちにくいメイクにも効果が期待できます。

[使い方]
1:清潔な乾いた手で、オイルを馴染ませる
2:手に少しだけ水を取り、オイルを馴染ませた肌に水分を馴染ませ乳化させる
3:ぬるま湯で洗い流す


ローションタイプ


[特徴と効果]
水分の多い水タイプのクレンジングで、コットンに含ませて拭き取るだけの手軽さが特徴です。
保湿成分を含むものが多いので、メイクを落としつつ、お肌に潤いを残してくれます。

[使い方]
1:コットンにローションを含ませる(コットン裏にうっすら染みる程度)
2:メイクをコットンで優しく拭き取る


シートタイプ

[特徴と効果]
クレンジング剤が予め染み込ませてあるため、とにかくお手軽なのが特徴です。
短時間で手間なくしっかりメイクも落とすことができます。

[使い方]
1:シートを肌に当て、そのまま30秒ほど待つ
2:メイク汚れが浮いてきてから、静かに拭き取る
3:ぬるま湯で洗い流す(洗い流し不要と表示されているものもあります)


クリームタイプ


[特徴と効果]
乾燥肌や敏感肌、季節 変わり目肌の人にもオススメできる、肌を労わりながらメイクを落とせるのが特徴です。

伸びの良いテクスチャーで馴染みが良く、洗い上がりも肌に潤いを残します。

[使い方]
1:乾いた手のひらにクリームを取り、手で包み込むようにして温める。
2:クリームが柔らかくなったら、額、頬、鼻、アゴにクリームを乗せ、

内側から外側に円を描くように、お肌に馴染ませる。
3:指の感触が軽くなり、メイクが浮いてきたのを感じたらぬるま湯で洗い流す。


ミルクタイプ


[特徴と効果]
なめらかなテクスチャーなので、乾燥や肌荒れが気になる人、季節 変わり目肌の方でも使いやすいのが特徴です。

穏やかな洗浄力のため、肌ダメージが少なく、皮脂を取り過ぎてしまうことがありません。

[使い方]
1:清潔な乾いた手のひらにミルクを出し、一度手の中で温める
2:顔に乗せ、優しく円を描くように顔全体に馴染ませる
3:ぬるま湯をミルクの成分に足していくイメージで、少しずつすすぎながら洗い流す


ジェルタイプ


[特徴と効果]
簡単に言えばクレンジング剤をゼリー状に固めてあるため、伸びや肌馴染みがいいのが特徴です。
ジェルと一口に言っても、水性、油性、オイルと種類が豊富なため、種類によって効果は異なります。

[使い方]
1:軽くぬるま湯で顔を濡らし、顔表面のホコリを落とす

2:ジェルを手に取り、手のひらで温める

3:額、頬、鼻、アゴにジェルを乗せ、顔の中心から外側に向かって、円を描くようにマッサージしながらジェルを広げる

4:指先の感覚が軽くなり、メイクが浮いてきたのを感じたら、ぬるま湯で洗い流す


ポイントメイク専用タイプ

[特徴と効果]
ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなど、ポイントメイクを落とすのに特化して作られているのが特徴です。
通常のクレンジング剤で落とすよりも、力を入れず優しく落とすことができるため、目元など敏感な部分に与える刺激が和らぎます。

[使い方]
1:コットンにクレンジング剤をたっぷり染み込ませる
2:落としたいポイントにコットンを置き、数秒待つ
3:メイクが浮いてきたら、優しく拭き取る


自然派な化粧品のおすすめ

クレンジング剤には様々な種類があると共に、含まれる成分や使われている原料によっても違いがあります。

インターネットで見ると、自然派な化粧品のおすすめ◯◯選などのまとめ記事があるくらい、ナチュラルなものに注目が集まっているのをご存知ですか?

天然成分で作られているからこそ、肌への負担を和らげ、自然の力で肌本来の美しさを導いてくれるわけです。

自然派な化粧品をおすすめしたい理由がお分かりいただけたでしょうか。

数多くあるクレンジング剤の中で、自分の肌質に合う、好きな使い心地のものに出会うための参考になればと思います。

更新日時: 2018年06月06日 10時51分

関連記事