あの健康マニアが進める帰宅したらすぐにするべき保湿テクとは?

肌の最大の敵、乾燥。冬の野外の冷たい風やオフィスの暖房はもちろん、夏の冷房の風でも私たちの肌は常に乾燥に脅かされています。
肌が乾燥すると突っ張って皮がめくれカサつくだけではなく、シワが刻まれて老けの原因にもつながります。
乾燥をしないために重要なのは帰宅してからの念入りな保湿です。
今回は冬の冷たい風や夏の冷房に負けない肌を作る保湿テクを詳しくご紹介します。

女性朗報

乾燥肌とは?

肌にはある程度の水分が備わっています。潤いがある分肌をもちっと見せてくれるので、
大人と比べ乾燥知らずな赤ちゃんや子どもの肌は輝いて見えますよね。
肌は年齢を重ねるにつれだんだんと水分量が低下していきます。水分量が低下すると乾燥し、
肌にハリがなくシワが刻まれて老けに繋がっていきます。
また肌に必要な水分と油分が不足して、かさかさになったり粉っぽくなります。
乾燥肌になると、乾燥小じわが目立ったり肌荒れした感じに見えるだけでなく、
保護機能も低下してしまうため肌荒れが悪化するなど負の連鎖になってしまいます。
慢性的に痒みも出ますので、しっかり保湿対策をとって肌を守りましょう。


1.帰宅したら外の汚れを優しく落とす

当たり前ですが、外気には汚れがいっぱいです。汚れが付いたお肌やメイクをクレンジングで落としましょう。
クレンジングは保湿効果もあるミルクタイプをお勧めします。
また、肌に刺激を与えない自然派のオーガニックのものもいいですね。
摩擦も乾燥に繋がるので手に多めに取り、擦らないように優しくメイクと汚れを落としましょう。


2.洗顔はぬるま湯で!

洗顔女性

暑い夏はとにかく冷たい水、寒い冬は熱いお湯で顔を洗いたいところですが、肌に刺激を与えるので避けましょう。
特に熱いお湯にしてしまうと必要な油分まで取ってしまうので乾燥に繋がります。
洗顔は38度くらいのぬるま湯がお勧めです。


3.洗顔後、お風呂上がりはすぐに化粧水を!


洗顔後とお風呂上がりはとにかく肌が乾燥します。
なので洗顔後、お風呂上がりはすぐに化粧水をつけましょう。
ミストタイプなどサッとつけられるタイプだとさらに良いですね。
また化粧水の浸透を促すブースター(導入液)もお勧めです。
化粧水は目安の量より多めに取り優しくハンドプレスして肌に馴染ませましょう。
週に一度のパックの使用もお勧めです。朝には驚くほどのもっちり肌に仕上がります。


4.保湿クリームでしっかりと蓋をする


化粧水をした後でもそのまま放置すると蒸発し、肌が乾燥します。
化粧水に良い成分が含まれていても蒸発すると意味がありません。
化粧水を馴染ませたあとは保湿クリームで蓋をしましょう。


5.気になる部分は重ね塗りをしましょう

肌の中でも皮膚が一段と薄い部分が二ヶ所あります。目元と口元です。
目尻の皺やほうれい線、1番老いて見える部分ですよね。
目元や口元は皮膚が薄いので優しく扱ってあげないと皺やくすみ、乾燥にすぐ繋がってしまうのです。
なので目元や口元には専用のクリームを重ね塗りすることをお勧めします。気になる人はぜひ試してください。


6.さらに乾燥が気になる人にはワンランク上の保湿テク!

それでも乾燥が気になる人はいつものスキンケアにオイルを足すことをお勧めします。
オイルを足すことで肌の乾燥を防いでくれます。低刺激なオーガニックタイプのものもお勧めです。
一通りのスキンケアが終わったら蒸しタオルも試してみてください。
蒸しタオルは乾燥だけでなく、血行を良くしてくれるのでくすみ対策にも万能です。


帰宅後だけではない!日中も保湿が大事

外気や室内の冷房、暖房で乾燥する肌をそのまま放っておくよりは乾燥する都度保湿をする方が効果的です。
肌が突っ張り、乾燥を感じたら保湿成分入りの美容クリームなどを化粧の上から崩れないように、
優しくハンドプレスして馴染ませてください。これをするだけで日中の乾燥から肌はかなり守られます。


入浴の際に使える保湿テクニック

お風呂上がりのスキンケアだけではなく、入浴の際にもできる保湿テクニックもたくさんあります。


1.入浴剤

乾燥を促すので湯船の温度は高すぎてはダメです。熱いお湯は皮膚に刺激を与えるだけでなく、
油分・水分も余計に奪ってしまいます。できるだけぬるま湯に設定しましょう。
また、そのままのお湯よりも、保湿成分たっぷりの入浴剤を入れるとバリア機能を高めることによって、
お風呂あがりの乾燥を防ぐ役割もあります。入浴剤も一度見直してみましょう。


2.ボディソープ

乾燥するとバリア機能が低下するので肌には低刺激のものを使用しましょう。
ボディソープも保湿成分たっぷりのもので優しく擦らず使用してください。
お風呂上りにはボディクリームの利用もお勧めします。


乾燥に負けない保湿テクニックいかがでしたか?肌は一番若く見える部分です。
保湿をしっかりして乾燥肌に負けないで大切な肌を守りましょう。

更新日時: 2018年02月07日 17時07分

N organicの商品

関連記事