オーガニックサプリメントと通常のサプリメントの違いとは?

目次

  • 1. サプリメントを選ぶポイント

  • 2. 原材料をチェックしよう

  • 3. 安全性の高さにこだわることが大事

  • 4. 飲みやすさはどう?

  • 5. 飲み続けられる価格かどうか

  • 6. オーガニックサプリメントの特徴

  • 7. 製造過程でもケミカルな成分を使用しない

  • 8. 環境にも配慮されている

サプリメントを使用すると、不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。できるだけ安全性が高く体にいいものを摂取したいと考える人向けに、

サプリメントを選ぶポイントや通常のサプリメントとオーガニックサプリメントの違いをご紹介しましょう。


サプリメントを選ぶポイント

健康的に生活をしたい人やダイエットしたい人向けに、さまざまなメーカーからたくさんのサプリメントが市販されています。何を基準に選んだらいいのかわからない人向けに、効果的なサプリメントの選び方をご紹介します。


原材料をチェックしよう

サプリメントを選ぶときは、原材料をしっかりチェックすることがおすすめです。サプリメントが入っているケースの裏面を見ると、たくさんの成分が並んでいます。

サプリメントには一種類だけでなく、他の成分がたくさん含まれていることがあります。たとえば、カルシウムを摂取できるサプリメントにはカルシウムをより吸収させやすくするために、ビタミンDも同時に配合されていることがあります。

材料名の上にあるものほど多く成分が含まれています。どんな原料が一番多く含まれているかに注目してサプリメントを選びましょう。


安全性の高さにこだわることが大事

どんなに優れた材料を使用していても、不衛生な工場で生産されていては台無しです。どんな工場で作られたものなのかわからないサプリメントの使用はやめましょう。

たとえば、GMP(Good Manufacturing Practice)認証されたメーカーが生産しているサプリメントであるかどうか、という点を基準に考えこともひとつの方法です。

GMP認証とは、健康食品や薬品などが製造過程において汚染されることがないように定められた規則やシステムのことです。


飲みやすさはどう?

サプリメントを飲むとき、効果だけでなく飲みやすさを考慮することがおすすめです。風邪薬などの錠剤の大きさは7~8mm前後のものが多いですが、サプリメントの種類によっては、粒が大きいものもあります。

5mm程度の大きさの錠剤しか飲んだことがないのに、9mmの錠剤を飲むことになったら、さぞかし飲みづらさを感じることでしょう。大きめの錠剤を飲み込むときはたっぷりの水を用意して、ゆっくり飲み込むことをおすすめします。

また、サプリメントの種類によってはにおいが強いものもあります。まずは少量サイズの購入やサンプルを利用し、飲みやすさを確認しましょう。毎日飲み続けることがストレスにならないようなサプリメント選びをしてください。


飲み続けられる価格かどうか

効き目がない安価なサプリメントより、高価なサプリメントを飲みたいという人もいることでしょう。サプリメントのほとんどは、飲み続けることで効果が表れ始めます。そのため、長期間購入し続けることが難しい価格のサプリメントの利用は問題です。

また、高価なサプリほど効き目が高そうな気がする人は多いでしょう。しかし、値段だけで比べずにどんな原材料を使用してどんな工場で作っているのかをチェックすることが大事です。


オーガニックサプリメントの特徴

サプリメントは効果にこだわるだけでなく、どんな工程を経て作られているかをチェックすることが大事です。オーガニックな材料から作られたサプリメントの特徴をご紹介します。

作物を育てる土壌作りからこだわっている

オーガニック製品の大きな特徴は、化学肥料や農薬を使用せずに生産した作物を原料としていることです。

肥料や農薬にケミカルな成分が含まれなかったとしても、土壌が汚染されていては意味がありません。そのため、オーガニック製品の製造は安全で有機質に富んだ土壌づくりから始まるといっていいでしょう。


製造過程でもケミカルな成分を使用しない

通常、原材料をサプリメントのかたちへと成型する際は原材料に加えて、人工固形剤を使用します。材料をサプリメントとして製品化するために、添加物をまったく使用しないことは難しいです。

添加物ときいて、人体に悪影響を与えるものだと感じる人は多いことでしょう。しかし、添加物といっても、化学的に合成されているものばかりではありません。

優良なサプリメントは、製造過程でもできるだけ天然素材を使用して、添加物に頼り過ぎない製法を実践しています。たとえば、オーガニックであることにとことんこだわるメーカーの中には、サプリメントを成型するときも天然素材をつなぎに使用して固形化させているメーカーもあります。


環境にも配慮されている

オーガニック製品は大量生産には向いていません。農薬を使用せず人間の手で病害虫を排除していかなければならず、大変な手間暇がかかるからです。

農薬を散布すれば虫食いのない野菜を大量に作物を生産できますが、ミツバチや蝶といった受粉を助けてくれる小さな昆虫まで殺してしまいます。すると、小さな昆虫を捕食している野生動物にも影響を与えて生態系を壊してしまいます。

オーガニック農法は、人体への安全性だけでなく自然にも配慮された農法だといえるでしょう。

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事