40~50代のお肌には保湿が大切!お肌を変えてくれるオーガニックアイテムで上手にケアしよう

  • N organic
  • >
  • 40~50代のお肌には保湿が大切!お肌を変えてくれるオーガニックアイテムで上手にケアしよう

目次

  • 1. 40~50代で起こるお肌の不調。どのようなものが?なぜ起こる?

  • 2. お肌に優しい、オーガニックとは?

  • 3. オーガニックケアでお肌に変化を!

  • 4. 今はまだ大丈夫!という20代~30代の人にも

20代から始まるお肌の変化。

この頃から女性ホルモンが少しずつ減りはじめることが原因と考えられています。

そして、35歳を過ぎると女性の肌に必要な成分は ますます減る一方で、急激に分泌が減ってくることもあります。

これと同時に人によっては肌のコンディションを崩しやすくなり、様々な不調が出てきます。

大きなコンディションの崩れは お肌にも強く影響を及ぼします。

40歳、50歳と歳を重ねるごとに症状や悩みも違ってきます。

40~50代でのお肌の変化はどのようなものがあり、何が大切なのでしょうか。

気を付けたいこととはなんでしょうか?


40~50代で起こるお肌の不調。どのようなものが?なぜ起こる?


主な悩みは乾燥や肌荒れが多いです。次にお肌のたるみです。

日常生活でも知らないうちに浴びている紫外線。

それに加え、若い頃に浴びたもの。外での活動・運動などでも。

今までに浴び続けた紫外線の蓄積が、この頃からお肌に出始めることが考えられます。

お肌に厚みがなくなり、ハリもなくなってきます。すると、ハリや弾力の原因となります。

20~30代まではお肌が油っぽかったと悩んでいた人でも、乾燥してきた、乾燥が治りづらいと感じ始めるのも40~50代が多いです。​

以前は問題がなく、気に入っていたスキンケアアイテムがキツく感じてくることもあります。

しかし、肌荒れがひどいから「何もしない方がいいんじゃないか?」というのは良くありません。

お肌の厚みがなくなるにつれバリア機能が低下してくるので、刺激の少ないものやお肌に優しいものに変えることも必要です。

なかなかお肌の状態が良くならないので「高級品なら!」と使ってみたりするかもしれませんが、お肌の状態が良くならなければ美容成分や必要な成分を吸収したりできませんし、効果がでません。

コンディションが低下しているお肌には刺激が強すぎて悪化したりすることもあります。

お肌の状態・基礎作りが大事です。健康的なお肌に整えてあげることが最優先です。


お肌に優しい、オーガニックとは?

よく耳にする「オーガニック」という言葉…お肌に優しいとされていますよね。では、どういうところがお肌に優しいのでしょうか。

・天然素材や自然由来の成分を中心に使っている
・刺激が少なく、敏感肌の人でも使うことができる
・お肌の本体のコンディションを引き出す
・お肌のコンディションにまかせるので、余分なお手入れなどが要らなくなる

なるほど!ですね。では、オーガニックアイテムを使うようになり、オーガニックケアを始めるとどのような変化が起きるのでしょうか。


オーガニックケアでお肌に変化を!


今までオーガニック商品ではないものでスキンケアをしていて、オーガニック商品を使うと「軽い付け心地で物足りないな」とか「なんか違う」「もしかしてお肌に合わないんじゃない?」と感じる人もいるかもしれません。
しかし、使い続けてみることが肝心です。

オーガニックケアを始めると自分の肌本来のコンディションを引き出す効果があります。

年齢とともに肌荒れ、シミやシワ、たるみなどが出やすくなったという方がいますが、そのような場合は早めに対処することで不調が表れにくいように、お肌自体を変えていきたいですね。

オーガニックケアでお肌の変化を実感してもらいたいです。


今はまだ大丈夫!という20代~30代の人にも

今は気にならなくても、気づかないうちに進んでいるお肌の悩み。

何年後か先のことを考え、早くから気をつけていきましょう。

そして「質の良い」スキンケアをおすすめします。

どの年代に限らず、保湿は やはり一番大切です。

刺激がなく、お肌に優しく、栄養を与えられてお肌が喜ぶものを!オーガニックアイテムの中から、お友達にもおすすめできるようなご自慢の「マイ化粧水・乳液」を見つけてください。

そして、乾燥しにくくバリア機能が保たれた お肌づくりからはじめてみませんか。

お肌を根本から変えていきましょう。

お肌の状態が良くなると お手入れも楽になりますし、お化粧も軽くで済むようになります。

凝ったお化粧は お肌に良くありませんし、それを落とす「クレンジング」という作業もお肌にとって決して良くありません。

しっとりとしていて、かつ、ぷるんとしたお肌を目指し、保っていけるようにしたいですね。

更新日時: 2018年06月05日 19時13分

関連記事