第一印象は「顔」爽やかスッキリ素肌を作るにはスキンケアが大切!

目次

  • 1. モイスチャア&バランシングローションについて

  • 2. モイスチャア&バランシングセラムについて

人の第一印象はまずは顔!
誰だって顔を見ますよね?女性も男性も顔を見られるのであれば、清潔感のある素肌でありたいもの。
そんな素肌を作るために必須なのがスキンケアです。
今回は、スキンケアでも肝心な基礎化粧品に目を向けて、最近は流行りのオーガニックコスメ

N organic「モイスチャア&バランシングローション」と「モイスチャア&バランシングセラム」
の効果と成分を詳しくみていきたいと思います。


モイスチャア&バランシングローションについて

『自然の力で素肌と心を美しく導く』というコンセプトのもと、商品開発された自然派スキンケアブランド『Nオーガニック』。今回紹介したいのは、Nオーガニックの開発するオーガニック化粧水『モイスチュア&バランシングローション』です。
自然派といっても、どんなものが入っているのか不安。本当に自然のもので肌トラブルが解決するの?そんな疑問にこたえるべく、今回はオーガニックスキンケア『モイスチュア&バランシングローション』の成分と効果についてまとめたいと思います。


モイスチャア&バランシングローションに含まれている成分

オーガニックスキンケア『モイスチュア&バランシングローション』の特徴は、89.8%の天然由来の成分でできていること。エタノールや鉱物油、バラベン、合成香料、着色料、石油系海面活性剤を一切含まれていないので、敏感肌の方やお子さんも安心して使えます。
オーガニック化粧水というと、肌にはよさそうだけど、効果はあるの……?と疑問になられるかもしれませんが、『モイスチュア&バランシングローション』は、乾燥や肌荒れに効果的なほか、ハリ不足、毛穴の開きなどの年齢肌の悩みも解決してくれる化粧水になっています。オーガニック成分という土台をつくりながらも、機能性のある化粧水づくりを目指しているんです。なぜ、そんなにも効果が期待できるのか、詳しく成分を見ていきましょう。

セージ葉エキス……セージ葉エキスは、シソ科のサルビア属の植物『セージ』から抽出した褐色のエキスのこと。セージは肉料理の臭み消しとして料理にも使われていますね。セージの葉には、リラックス効果のほか、強壮作用があるので、疲れを取ってくれる作用もあります。
近年では、セージ葉は美容業界が注目しています。セージには、強い収れん作用があるのですが、これにより、きめの細かい、きれいな肌に近づくことが可能です。また、セージ葉エキスの成分には強い抗菌作用があることも分かっています。

セイヨウサンザシ果実エキス……バラ科の植物であるセイヨウサンザシの果実や花、葉などをエキスにしたもの。フラボノイドや精油成分、ビタミンなどを含んでいるのが特徴です。
肌をひきしめてくれる収れん効果に優れているほか、保湿、美白にも優れているので、乾燥やくすみに悩まれている方にとくにおすすめの成分です。開いてしまった毛穴やきめの乱れ、いつの間にか増えてしまったシミへのアプローチなど、お肌の悩みに幅広く答えてくれます。

ラベンダー花エキス……シソ科の植物であるラベンダーの花から抽出したエキスのこと。リナロール、リモネン、タンニンなどを含んでいるのが特徴です。殺菌効果、抗菌効果も高いので、大人ニキビ用のスキンケア商品に入っていることが多いそう。『モイスチュア&バランシングローション』の良い匂いはこのラベンダー花エキスも一役買っています。

カニナバラ果実エキス……ローズヒップの果実から抽出したエキスのこと。まれに『ノバラエキス』と表記されることもあるのだとか。ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、年齢肌の悩みであるお肌のたるみや毛穴のひらきをギュッと引き締めてくれる効果があります。また、肌細胞を生き返らせる効果があるので、オーガニック化粧水に使われることが多いみたい。
保湿成分や、傷の治癒を助ける癒傷作用もあるため、エステでも積極的に取り入れられているようです。

発酵ローズはちみつ……発酵ローズはちみつはバラの花から採れるはちみつのこと。ただのバラではなく、
「バラの女王」と呼ばれる「ダマスクローズ」という希少なバラから採っているのが特徴です。
このダマスクローズのはちみつは、1gのはちみつを摂るためにダマスクローズが9万個も必要。実はとっても希少な成分なんです。
発酵ローズはちみつは、ビタミンCが非常に多く、肌に栄養が浸透しやすいことが特徴です。
お肌の古い角質を取り、つるつるのお肌にしてくれる効果(ピーリング効果)もあるほか、保湿力がとっても高いので、肌荒れのないむきたまごのようなお肌になれるのが嬉しいですね!

トウキンセンカ花エキス……トウキンセンカの花から抽出されるエキスのこと。南ヨーロッパ原産のキク科のハーブで、『キンセンカ』という名前で親しまれていました。
古くから、ヨーロッパで薬用植物として用いられていたこともあるとおり、消炎作用、鎮痛作用があり、傷や湿疹の治療に重宝されてきました。

これらの成分がとろみのあるテクスチャーになり、ぐんぐん肌に入っていきます。使用後はべたべたせずにさらっとした着け心地なので、年中使えるのもポイントです。
これは個人的な意見ですが、『モイスチュア&バランシング ローション』はシトラスのとっても良い香りがするので、使うたびに癒されました。
自然派のスキンケアで癒されたい。そんな大人女子におすすめのオーガニック化粧水。ぜひ一度使ってみてくださいね。


モイスチャア&バランシングセラムについて

「まだニキビができるんだね」と言われるたびに、憂鬱な気分で「この歳だと吹き出物だけどね……」なんて答えていた私。
大人になったら肌トラブルとさよならできると思っていたのに実際は、季節や体調によって肌の状態がくるくる変わってしまい、せっかく合う化粧水を見つけても、急に合わなくなることの繰り返しでした。
だからこそ、気になったのは『肌に負担をかけない』オーガニック美容乳液。
今回は、私がついに見つけたオーガニックスキンケア「モイスチュア&バランシング セラム」を紹介したいと思います。


モイスチャア&バランシングセラムに含まれている成分

オーガニックスキンケア「モイスチュア&バランシング セラム」は、同ライン商品の「モイスチュア&バランシング ローション」と同様、89.8%の天然由来の成分でできていることが特徴です。
エタノールや鉱物油、バラベン、合成香料、着色料、石油系海面活性剤を一切含まれておらず、オーガニック成分の力で土台を作っているので、肌トラブルに悩んでいる方も安心して使うことができます。
そんな「モイスチュア&バランシング セラム」は、なんとこれ1本で美容液、乳液、クリームの役割を果たしてくれる優れもの。朝の忙しい時間でも、パパっとモイスチュア&バランシング セラムをひとぬりするだけで、アルガンオイルがうるおいが逃げないようぴたっとふたをしてくれます。一日中もっちりとしたみずみずしいお肌をキープしてくれるので、「これが自然の力なの?」とびっくりしちゃうんです。

アルガンオイル……アルガンオイルはモロッコの南西部に生息しているアルガンツリーの実の種から採取されるオイルのこと。30キロほどの果肉から1ℓしか採取されないというとても貴重なオイルです。
アルガンオイルには、ステロール、オレイン酸、リノール酸などの美容成分が豊富に含まれており、角質層までじっくりと浸透するのが特徴です。皮脂の成分とよく似ているので、肌にぐんぐん浸透していきます。きめが整った美しい肌に導いてくれるだけではなく、ぷりっと弾力のあるハリ肌になれるのでアンチエイジングの効果も◎です。

このほか、モイスチュア&バランシングセラムには、強い収れん作用があり、きめの細かい、きれいな肌に近づくことが可能になるセージ葉エキス。バラ科の植物であるセイヨウサンザシの果実や花、葉などをエキスにしたもので、保湿、美白にも優れ、乾燥やくすみで悩んでいる方にアプローチしてくれるセイヨウサンザシ果実エキス。シソ科の植物であるラベンダーの花から抽出したエキスで、殺菌効果、抗菌効果も高く、大人ニキビ用のスキンケア商品によく持ち言われているラベンダー花エキス。
ローズヒップの果実から抽出したエキスで、ビタミンやミネラルを豊富に含み、お肌のたるみや毛穴のひらきをギュッと引き締めてくれるカニナバラ果実エキス。「バラの女王」と呼ばれる「ダマスクローズ」を9万個も使用して、やっと1gのはちみつがとれるという貴重な成分で、お肌の古い角質を取り、つるつるのお肌にしてくれる効果(ピーリング効果)がある発酵ローズはちみつ)などの貴重な天然由来成分が含まれています。


アルガンオイルで密着スキンケア

Nオーガニックのスキンケアはたったの2ステップ。同ラインの「モイスチュア&バランシングローション」と「モイスチュア&バランシング セラム」の2点で美容液・乳液・クリームの役割を果たしてくれます。そのスキンケア方法をまとめてみたいと思います。


STEP1潤いをあたえる
まずは「モイスチュア&バランシングローション」で肌にうるおいを与えてきます。いつもどおりに洗顔したら、500円玉硬貨よりも少し大きめになるように3~4プッシュ。みずみずしいスウィートシトラスの香りを楽しみながら、顔全体になじませてくださいね。

STEP2 うるおいをギュッと閉じ込める
化粧水のあと、100円玉硬貨よりも少し大きめになるよう、2~3プッシュ「モイスチュア&バランシングセラム」を手に取ります。顔全体になじませてスキンケアは完了!

保湿をするならオイルが必要!

肌の角質層にある細胞間脂質は、肌の潤いを守るために、油分の層が水分の層を包むような構造になっています。そのため、保湿にはオイルを使うのが正解なんです。
オイルというと、べたっとしたものを想像しがちですが、オーガニックスキンケア「モイスチュア&バランシング セラム」の場合は、みずみずしいテクスチャーで少量でもすごく伸びがよく、着け心地も軽やかです。
お値段は『モイスチャア&バランシングセラム』が5,800円。モイスチュア&バランシングローションとセットで購入しても1万円以下なので、使い続けやすいお値段なのも嬉しいですね。
肌にうるおいは与えたいけど、負担はかけたくない。そんな人にこそおすすめなのがオーガニック美容乳液。ぜひこの機会に試してみてください!

更新日時: 2018年02月06日 19時41分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事