オーガニックはなぜ肌や体に良いのか?

  • N organic
  • >
  • オーガニックはなぜ肌や体に良いのか?

目次

  • 1. オーガニックは原料を育てるのに決まりが沢山

  • 2. オーガニックコスメが体や肌に良い理由

  • 3. 自然に一番バランスの取れた状態で体に届いてくれる

皆さんはオーガニックという言葉の意味をご存知でしょうか?

一般的な認識では自然の力を借りた体に優しいものというイメージですよね。

今回は実は以外と知られていない、オーガニック本来の意味や役割について詳しくご説明します。

オーガニックは欧米の言葉であって、「源、起源、本来の」という意味がある、「ORIGIN」(オリジン)という言葉からきています。

大まかに説明すると人間本来の根本的な生き方や地球、自然環境を大切にする意味にとらえられています。

また世間に幅広く浸透していったのは1962年にはアメリカのレイチェル・カーソンという生物科学者が、化学物質や農薬などを大量に使うと自然界や人間にどのような悪影響を与えるのかという内容で「沈黙の春」を出版してからです。

日本では、1960年以降から公害病や健康被害が次々と起こったため、有機農産物について本格的に取り組むようになり、1992年には農林水産省で、「有機農産物等に関わる青果物等特別表示ガイドライン」を公表し、それを実地しました。

2001年には、登録認定機関が検査を行う有機JAS認定制度も作られそこから世間に浸透していきました。


オーガニックは原料を育てるのに決まりが沢山


原料を育てるのにその土壌で2~3年前から、化学肥料などを使ってはいけません。

また、種や苗も有機栽培で作られたものを使用し、遺伝子組み換えのものは使いません。

オーガニックの農作物、畜産物を作るということは、それに関わるものも有機的なものを使うようになるので、自然を重視した好循環が生まれ、次々に世界に広がって行きます。

私たちがオーガニックの商品を選んで購入し使用頻度が拡大するほど、自然を好条件にすることに繋がっていくのです。

今では海外でもあらゆる団体を作りオーガニック農業を周りに広めて行く活動をしています。


オーガニックコスメが体や肌に良い理由


自然本来のままの土や原料を使って育った農作物、天然素材などは、自然のエネルギーが多く含まれています。

なので実際、自然の力が沢山詰まっているオーガニックコスメは、使っているうちに肌本来の保湿力や治癒力を発揮できると言われています。

また、オーガニックコスメには自然な植物などの香りが使用されていることが多いので香りからもリフレッシュ効果が得られます。

このように、材料一つ一つから自然の恵みを得られることができます。


自然に一番バランスの取れた状態で体に届いてくれる

自然のものから成分を得ようとする場合、その植物がもつそのほかの成分も一緒に摂ることになるので、自然のバランスが取れた方法で天然素材を体内に取り入れることとなります。

体的にも吸収しやすくなっている場合が多く、ストレスをあまり感じません。

更新日時: 2018年06月12日 19時56分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事