さまざまなトラブルを招く乾燥から肌を守ろう

あらゆる肌トラブルを誘発する乾燥

大人の女性の肌悩みで最も多いものが「乾燥」
潤いがある大人の肌の角質層には約20~30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になると乾燥を自覚することが多くなってきます。
肌が乾燥することによって引き起こされるトラブルは多岐にわたります。
ハリが失われ、毛穴の開きやたるみが目立つ原因にも。乾燥によって油分が過剰に分泌され、大人ニキビが繰り返しできてしまったり顔全体にくすみが出ることもあります。
大人の肌が潤いを失い、乾燥することで実年齢よりも老けてみられてしまう可能性も否定できません。


お肌が乾燥する意外な原因とは

年齢によるものや季節・エアコンの使用による空気の乾燥などが原因として挙げられますが、実は日々何気なく行っている習慣が肌の乾燥を悪化させてしまっているかもしれません。
例えばクレンジング・洗顔の時に肌をゴシゴシと擦っていたり、タオルで拭く際に余計な力が加わっていたり…。その後化粧水などでしっかり保湿したとしても、肌の表面が傷付くようなお手入れをしていては意味がありません。
大人の肌は思っているよりデリケート。刺激を感じると肌荒れの原因にもなりかねません。
また、メイクを落とす際のW洗顔は肌の油分を大幅に奪ってしまいます。洗顔料を使用する前にポイントメイク落としを使ってメイクの濃い目元や口元だけでも事前に落としておき、クレンジングの時間を最小限におさえましょう。
長時間にわたるクレンジングは肌への負担が大きく、かと言ってファンデーションが残ってしまうのも毛穴の詰まりなどの原因となるので気をつけなければなりません。
洗顔する際のお湯の温度が熱すぎるのもNG。肌にとって必要な油分まで洗い落としてしまいますので、人肌程度のぬるま湯で優しく洗うのがベストです。
さらに、“崩れにくい”とうたわれているファンデーションにも注意が必要。これには「シリコーンオイル」という水にも油にも溶けない性質をもつ合成樹脂が使用されていることが多く、メイクをしてから落とすまで必要以上に肌に負担をかけてしまう結果になります。
クレンジング不要のできるだけ落としやすいファンデーションを選ぶか、ちょっとした外出には日焼け止めとパウダーのみにとどめて肌を休めるなどといった工夫も必要です。
潤い肌になる方法は、このような日々何気なく行っている一つ一つの行動に気を配ることからはじまっていきます。


お肌の潤いを保つためにスキンケアを見直そう


潤い肌になる方法の一つとして、日々のスキンケアを見直すことが挙げられます。
お肌には「皮脂膜」と「角質層」で形成された肌のバリアが存在することをご存知でしたか?このバリアが薄くなることによって肌の慢性的な乾燥を招いたり、ちょっとしたことで刺激を感じる敏感肌になってしまったりもします。
普段使う化粧品の多くには「合成界面活性剤」が含まれています。一般的な洗顔料には、含有量が多くて20~30%ほど。これは油に馴染みやすい「親油基」と水に馴染みやすい「親水基」の両方の性質をもっているものです。
肌の乾燥が気になる大人が注目すべきなのがこの「親油基」。洗顔で肌の汚れを落としている間、天然のクリームとも呼ばれる皮脂膜の潤いを必要以上に奪ってしまっている可能性が大いにあります。
スキンケア商品はできるだけ合成界面活性剤が入っていないものを選び、適切なお手入れで肌のバリア機能を正常に保つことが潤い肌への近道。合成界面活性剤よりもさらに刺激の強い「石油系界面活性剤」や「鉱物油」が配合されているものは言語道断です。


本来の美しさを引き出すスキンケアでトラブル知らずの肌に


肌に本来備わっているバリア機能を高めるためには、日々のちょっとした心がけを継続することが必要不可欠。また、自然に近い成分を配合したスキンケアを選ぶことが重要です。
余計な刺激を与えてしまうケミカルや肌の水分を奪うエタノール、防腐剤としてメジャーなバラベン、肌にとって必要のない人工香料や着色料なども不使用のものを選ぶとよいでしょう。
数ある化粧品のなかでも、肌のバリア機能を正常に戻すためにおすすめなのがオーガニックスキンケア。余計な刺激を与えることなく植物由来の天然成分が肌に働きかけ、潤いのある肌本来の美しさを取り戻す手助けをします。
頑張る大人の女性はストレスや疲れ、ホルモンバランスの乱れによって肌のバリア機能が損なわれてしまいがち。複数の肌悩みを一度に抱えている女性も少なくありません。
乾燥だけではなく、さまざまな肌トラブルに働きかけることができるのもオーガニックスキンケアの魅力の一つ。
またアロマ用の精油が配合されているものなら心や身体の緊張がほぐれ、内側から美しくなる効果が期待できます。そして何より、疲れている時でもスキンケアタイムがお楽しみの時間へと変わっていくでしょう。

更新日時: 2018年01月26日 17時25分

N organicの商品

関連記事