化粧品のアレコレ。無添加と自然って何がちがうの?

目次

  • 1. 無添加化粧品と自然派化粧品の違いって?

  • 2. 自然派化粧品とは?

最近では『無添加化粧品』とか『自然派化粧品』と書かれたスキンケア商品が増えてきたように思います。とはいえ、無添加と自然派の違いって分かりづらいですよね。

そこで今回は、『無添加化粧品』と『自然派化粧品』の違いについてまとめてみたいと思います。オーガニックライフを送りたいけど、どんな商品を選べばいいのか分からない!という方はぜひ参考になさってくださいね!


無添加化粧品と自然派化粧品の違いって?

『無添加』を強調する『無添加化粧品』と、植物エキスやハーブが入っていると宣伝している『自然派化粧品』。この違いって一体なんでしょうか。どちらも天然由来の成分でできているってことなんじゃないの?肌トラブルに悩む私としては、よりお肌に優しいものを選びたいというのが本音だと思います。では、2つの化粧品の違いを詳しく見ていきましょう。

無添加化粧品とは

無添加、ときくと、化学成分や添加物が一切使われていない化粧品なのでは?と思いますよね。しかし、正確には旧厚生省によって以下のことが定められているそうです。
『アレルギー反応が出る可能性のある、102種類の成分が含まれていない製品』
「着色料」「合成香料」「防腐剤」「界面活性剤」「鉱物油」など含まれていない製品が『無添加化粧品』と呼ばれやすいと言えますが、逆をいえば、その102種類の成分以外のものであれば化学成分でも含まれます。
102種類以外の石油由来の化学成分や防腐剤を使用していてもOKということなので、無添加だからすべて自然のものでできているという解釈は誤りなんです。
例えば、防腐剤の1種である『フェノキシエタノール』は、無添加化粧品によく使用されています。『フェノキシエタノール』は殺菌剤として使われますが、肌への負担が大きいので、合わない方も多くいるようです。
日本では、原料を安定させるためならば、防腐剤などの化学物質を使っても、成分表示を行う義務がないとされているので注意が必要です。
大事なことは、無添加化粧品だから良い、というのではなく、自分にとって「何の成分が無添加なら大丈夫なのか」をはっきりとさせておくこと。
合う成分と合わない成分は人によって違うので、サンプルやトライアルセットを使いながら、自分に合う化粧品を見つけましょう。
化粧品の後ろに書いてある配合成分一覧をじっくり見てみると、化粧品の成分は、配合量が多い順に記載されているので(ただし、配合量が1%以下の成分場合は、順不同で良いとされています。着色料も順不同です)、どの成分が多く使われているのか判断することができます。
自分に合わない成分が見つかれば、「私は○○の成分がだめだから、○○無添加なら大丈夫!」と化粧品選びがぐっと楽になるので、参考にしてみてくださいね!


自然派化粧品とは?

自然派化粧品の定義は以下のように言われています。
『植物から抽出されたエキス、そこに含まれる成分を多く配合した化粧品』
こうしてみると、かなり曖昧ですよね。事前由来の成分を使用すれば、自然派化粧品と言われる、ということなんです。メインの成分が自然由来のものであっても、一緒に配合されるものの中には、科学性成分を使用している場合もあります。
そのため、自分に合わないものが入っていないか、成分表記をじっくり見て、確認する必要があります。
自然派化粧品は、よくオーガニックコスメと比較されますが、『オーガニックコスメ』の定義もかなり曖昧です。ひとつでも『オーガニック』と認証される植物由来の成分が配合されていれば、それは『オーガニックコスメ』といえてしまうのです。
そのため、『オーガニックコスメ』『自然派化粧品』といっても、自然由来の植物エキスがほんの一部しか含まれておらず、化学物質がたくさん入っている製品も多くあるんです。


いかがですか?

『無添加化粧品』も『自然派化粧品』も、すべて植物由来のもので作られているわけではないことが分かりました。
大事なことはその化粧品のラベルの表示をしっかりと見ること。そして成分をチェックすることです。
ちなみに、『Nオーガニック』というオーガニックスキンケアの場合は、89.8%が天然由来の成分でできています。エタノールや鉱物油、バラベン、合成香料、着色料、石油系海面活性剤を一切含まれていない、などしっかりとホームページに記載されています。
オーガニック、自然派、無添加という言葉だけで商品を選ぶのではなく、そこに何が入っているのか、成分の何パーセントが植物由来のものなのかを分かったうえで購入してくださいね。

ステキなオーガニックライフを送るために、商品を選ぶ目を養いましょう!

更新日時: 2018年06月15日 16時57分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事