幸せの掟|オーガニックを取り入れて健康生活を手に入れよう!

  • N organic
  • >
  • 幸せの掟|オーガニックを取り入れて健康生活を手に入れよう!

目次

  • 1. オーガニック生活とは?

日本全体の医療費が昭和80年に比べ、約8倍も膨張しているのはご存知でしょうか?
高齢化社会になったことも原因の一つですが、食生活が変わったことも指摘されています。
日本の食事は健康的ということで、海外でも注目されていますが、現在の日本はどうでしょうか?
添加物・化学肥料・農薬・遺伝子組み換え、ジャンクフードなど欧米化していく食生活の中で、体に悪い成分をたくさん取り入れています。

そこで注目されているのが“オーガニック”です。

オーガニックというワードはよく耳にしますが、実際にはどのように取り入れていけばいいのでしょうか?


オーガニック生活とは?


オーガニックとは日本では「有機食品」とも表記され、法律で定めた決まりをクリアしたものだけが表記することを許されています。
オーガニック(有機食品)とは、どのようなものかというと、自然由来で農薬や化学肥料を使わないものです。
しかしながら、現在の日本の有機農産物の割合はわずか0.1%…
普通のスーパーでは、小さなコーナーでしか購入することが出来ないのが現状です。

それでもオーガニックかそうでないか…ということを何となく気にすることも意識改革に繋がりますので、少しずつオーガニックを取り入れる生活を始めてみてはいかがでしょうか。


不妊の改善にも効果的?!

現在の日本は不妊大国と呼ばれ、7人に1組の夫婦が不妊で悩んでいるそうです。
その中の原因の一つは食生活の変化だと考えられ、不妊症の原因の50%が男性であり、奇形精子が増えているという研究結果もあるようです。

私たちの体は毎日の食事でできているため、どんな食品を使って何を食べたのか…ということが、ダイレクトに健康につながっていきます。
薬だけに頼るのではなく、オーガニックをうまく取り入れながら食生活を改善することで、これからの健康な身体を作っていきたいですね。


オーガニック生活を送るポイント

心身ともに健康な生活を送るためのオーガニック生活ですが、オーガニック!!オーガニック!!とストレスフルな生活をしてしまっては元も子もありません。
素敵なオーガニック生活を送るための、大切な3つのポイントを見ていきましょう。


ポイント1:パートナーに押し付けない

ジャンクフードが好きな人の食生活すべてを「オーガニック」にするのは、ただただ苦痛な食事になってしまうでしょう。
せっかくパートナーの健康を願って愛をもって取り組んでも、押し付けることで不仲になってしまっては仕方ありませんよね。
「オーガニックが体にいい!!」と相手を説得しても、楽しい食事でなくては意味がありません。


ポイント2:「おいしいから」取り入れる

「体にいいから取り入れる」というのがオーガニック生活を始めるきっかけだと思いますが、それでは長続きしません。
「おいしいから」オーガニックを取り入れるという考えにシフトチェンジしていくと、毎日の食事が楽しみになりますよね。
ポイント3:100%オーガニックニこだわらない
ストイックになりがちなオーガニック…
ですが、オーガニック食品が少ない日本で100%は難しい上に、こだわってしまうと長続きしませんよ。

「楽しいから」「おいしいから」オーガニック生活を取り入れることが、長続きするコツだと思います。
また、健康できれいになっていくあなたに、オーガニックに興味のなかったパートナーも興味を持ってくれるかもしれませんよ。


ノンストレスが大事!


オーガニックは「健康になりたい」「きれいになりたい」と思って始めることが多いと思います。
そうするとどうしても、こだわったりストイックになったり、楽しくない食事になっていませんか?

体にいいものを食べていればそれで健康になる…というのは間違いです。
ストレスフルな状態は、どんどん体を蝕んでいき、せっかくオーガニック生活を送っても健康にはなれません。

お菓子もダメ!ジャンクフードもダメ!!体に悪いものは全部ダメ!!!
そんな風に強制してしまうと、パートナーもお子さんも食べることを楽しめなくなってしまいます。

オーガニック100%ではなくても、おいしいからこそ、楽しいからこそ、オーガニック生活で健康を手に入れられるんですね。

いかがでしょうか?
オーガニック生活を始めるにあたって、お互いがノンストレスで続けられるように、今回ご紹介した3つのポイントに気を付けて楽しく始めてみてはいかがでしょうか。
続けることに意味があるので、まずは1品だけ…と小さな目標を決めてみるといいかもしれませんね。

普通のスーパーではなかなかオーガニックなお買い物はできないので、インターネットなどを利用してみるのもいいかもしれません。

オーガニックは味気ない…と思っている人もいると思うので、まずは「美味しい」オーガニックを、専門のネットショップで探してみてくださいね!

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事