女性の肌変化は年齢だけじゃない?生理周期による変化も見てみましょう!

  • N organic
  • >
  • 女性の肌変化は年齢だけじゃない?生理周期による変化も見てみましょう!

目次

  • 1. 春、肌質が変化する季節

  • 2. 花粉症と肌質との関係

  • 3. 年齢別の肌質変化

  • 4. 生理周期に応じて肌質が変化する理由

  • 5. 生理周期に合わせたお手入れ法

年齢を重ねると、急に肌質が変化して悩むことはありませんか?

また、女性の肌は、季節によっても肌質が変化することもわかっています。

季節の変わり目に肌荒れしやすくなる、乾燥しやすい冬には顔の皮がむけたり、赤み、かゆみが出るなど、人によってトラブルは様々です。

わかりやすいのは秋冬の空気が乾燥している季節です。

空気が乾燥するとお肌から水分が蒸発し、お肌自体の水分量が減ってしまうので、乾燥肌になる方が多いのです。

乾燥肌がひどくなると、今まで使用していた化粧品が合わなくなって、結果的に肌荒れが起きてしまいます。

秋冬用と春夏用でスキンケア化粧品を変えて使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、それだけではないようです。

また、肌質は年齢によっても変化するようです。では、どのように肌質は変化するのか、季節、年齢別にお話ししていきます。

まず、他にどのような肌質の変化があるのか、ご紹介します。


春、肌質が変化する季節

春や花粉症に時期に肌質が変わる、いままでの化粧品が合わないと感じている人が半数以上もいるということがあるようです。

理由は、それまで気温が低かった冬が終わり、春になると気温が上がります。そうすると、汗や皮脂が冬の間より多く分泌されます。

それと、もう一つの理由は、紫外線の量が増え、肌のダメージを受けやすくなり、その原因で肌が乾燥しやすくなるということです。

春は、紫外線対策を取っていない方も多いですから、思ったより肌がダメージを受けていると考えられます。


花粉症と肌質との関係

実は、肌質は花粉症とも関係があるようです。

女性に対する花粉症の調査では、全員が花粉症でお肌のトラブルに見舞われているという結果が出ています。

花粉症は花粉に対するアレルギー症状です。目がかゆくなったり、鼻の粘膜がやられて鼻をかむ回数が増え、お肌に触れる機会も増えてしまいます。

こうなると、普段、皮膚を守ってくれる皮脂膜が壊れ、お肌がむきだしの状態になり、さわる摩擦が増え、水分の蒸発や紫外線によるダメージが直接お肌に届きやすくなるという弊害が生まれるのです。

そうなると、化粧品が合わない程度では済まなくなり、肌の赤みや腫れなどのひどい肌荒れに発展することもあるので注意が必要です。

以上、季節や花粉症などでの肌質の変化について、ご紹介させていただきました。

次に、年齢による肌質の変化について、ご紹介します。

肌質が変わらなければいいのですが、そうもいきません。

肌質は年齢によっても変わってしまいます。

それが、「肌質変化」です。同じスキンケア化粧品も肌質変化により変えなくてはいけません。定期的に自分の肌質を見つめ直し、スキンケア化粧品も変える必要があるのです。

年齢によって肌質は変化していきます。


年齢別の肌質変化


15歳~25歳の「発達期」

この頃、盛んになるのが男性ホルモンの分泌です。皮膚の分泌が多くなり、脂質肌になります。思春期のニキビなども、これが原因です。


26歳~35歳「成熟期」

この頃から出てくるのがエイジングサインです。

お肌の水分量がだんだん少なくなってきます。

水分量は減ってきますが、皮脂の分泌は減らないので、この時期は「乾燥性脂性肌」になる方が多くなる傾向があります。

大人ニキビに悩まされるのがこの時期です。


36歳~45歳「プレ更年期」

お肌の水分量が減っていき、それに伴い皮脂の分泌量も減っていきます。

そのため、この年齢の方は、「乾燥肌」になります。

では、次に生理周期に応じて肌質は変化するのでしょうかその理由をお話します。


生理周期に応じて肌質が変化する理由

生理周期に応じて肌質が変化する理由とは何なのでしょうか。

女性の肌のコンディションは、生理周期に大きく左右されます。

これは生理周期に伴って変化する女性ホルモンのバランスによるものです。

女性の肌は生理周期によって変化するホルモンのバランスの影響で、ニキビや肌荒れを起こしやすい状態になります。

また、女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つに分けられます。

では、この2つのホルモンとお肌の状態の関係とはどのようになっているのでしょうか?


生理後から排卵日

生理後から排卵日は、卵胞ホルモンの分泌が増える時期です。

卵胞ホルモンは、皮脂の分泌を抑え、バリア機能を高めてくれるので、お肌を整え、きれいなお肌になります。


排卵日から生理まで

黄体ホルモンが増えるので、バリア機能が落ちてお肌が敏感になる時期です。

バリア機能が低下すると、乾燥しやすくなったり、化粧品が合わなくなったり、トラブルが起こりやすくなります。

黄体ホルモンが増えると、皮脂分泌が増えるので、毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすくなるのです。

このように、生理前はトラブルが起きやすいお肌になってしまいます。つまり、ホルモンバランスの変化が肌質の変化につながるのです。

では、生理周期に合わせたお手入れ法はあるのでしょうか。

そのお手入れ法について、お話しします。


生理周期に合わせたお手入れ法

生理周期によって肌質が変化するのはホルモンバランスによるものだということがわかりました。生理前は、ニキビや肌荒れを起こす、毎月のことだから仕方がないとあきらめていても、肌荒れを起こすと、やっぱり気分が落ち込んでしまいますね。生理に影響されず、誰もがキレイなお肌でいたいと思っているはずです。でも、生理前の肌荒れは、生理周期によって肌トラブルが変わってきます。
生理周期に合わせて適切なケアをしないと、トラブルが悪化してしまう可能性もあります。
では、この生理周期に合わせたお手入れ法をご紹介します。


生理中

生理中はエストロゲン、プロゲステロンの2つのホルモンの分泌量が減り、体の代謝が悪くなる時期なので、体温が下がり、お肌も乾きがちになってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、潤いを高めてくれる保湿クリームや水分補給のために、マスクで集中ケアです。

本来のみずみずしさを取り戻してくれます。


生理後1週間

美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンが増え、お肌の水分量と新陳代謝がアップします。

生理周期の中でも肌状態が安定し、最高になるこの時期こそ、赤ちゃんのすべすべ肌を作るピーリングがおすすめです。


排卵後1週間

この時期は、エストロゲンの分泌量が減り、プロゲステロンの量が増えます。

プロゲステロンの影響で皮脂の量が増え、吹き出物が出る人もいます。

皮脂対策コスメで油分と水分のバランスを整えて、アクネ菌の繁殖を抑える化粧水などでニキビを防いでください。


生理前1週間

プロゲステロンの分泌量が多い状態が続き、お肌と体は血行が悪くなります。

むくみやすくなったり、目の下にクマができたりするので、血行を改善するマッサージがおすすめです。

また、メラニン色素が出来やすいので、シミの発生にも注意が必要です。UVカット乳液などを使用して、お肌を紫外線から守りましょう。


いかがでしたか?
生理周期に合わせたお手入れ法をご紹介しました。

そのほかに、排卵日前後には(ヒト型)セラミド配合のスキンケアを使用することでお肌のバリア機能を高めることが出来ます。

(ヒト型)セラミドの中でも、特に、(ヒト型)セラミドの化粧水がおすすめです。

また、排卵後から生理前の時期は、皮脂の量が増えたりしますが、アクネ菌の繁殖を抑える化粧水が苦手な方は、さっぱりタイプの化粧水がおすすめです。

なお、生理前でも整理中でも生理後でもお肌に優しいスキンケア化粧品を使うことが大事です。

女性の肌は変化するということも理解できたと思います。

生理の影響でのお肌の肌荒れも、生理周期によって異なり、その時期に合わせたスキンケアをすることが、改善への近道です。

更新日時: 2018年06月20日 14時33分

関連記事