メイク前のスキンケアが秘訣!今日からはじめるたった3つのメイク前のスキンケア必勝法!

  • N organic
  • >
  • メイク前のスキンケアが秘訣!今日からはじめるたった3つのメイク前のスキンケア必勝法!

目次

  • 1. メイク前のスキンケア方法

  • 2. ①朝の洗顔

  • 3. ②肌タイプ別スキンケア

  • 4. ③メイク前の小ワザ

最近では、女性も男性もみんなメイクをして外出することが多くなりました。

素肌でいるよりもメイクをしている方が紫外線予防になることから自宅にいる時もメイクをする方が以前に比べて増えてきました。

そして、誰もが思うのは「せっかくメイクをするならバッチリ決めたい!」

メイクをすることは肌に大切なことですが、実は、メイク前のスキンケアによって、メイクノリやモチを良くする必勝法に繋がるんです!

今回は、メイクのノリやモチを良くする「メイク前のスキンケア方法」をご紹介!

下地やベースメイクはスキンケアがあって初めてキレイに仕上がるのです。 お肌のタイプによって、メイク前スキンケア方法も変わってくるので、ぜひチェックしてみてください!


メイク前のスキンケア方法


①朝の洗顔

朝、お出掛けの前にメイクする場合、肌は前日の夜にスキンケアしたままの状態になっています。皮脂が酸化したカスや、布団の繊維、たくさんのホコリがついています。

朝も洗顔をしっかりしましょう!

1、たっぷりの泡を使って優しく洗顔します。

洗い流すときは熱いお湯だと乾燥を招いてしまうので、ぬるま湯、泡を残さず丁寧に洗い流します。だいたい顔に水をかける回数は20回程度を目安にすると良いでしょう。タオルでおさえるように優しく水分を吹いたら、洗顔は完了です。

できるだけ短時間で済ませると、お肌への負担を軽減することがポイントになります!


②肌タイプ別スキンケア

乾燥肌

1度に大量の化粧水をつけるのではなく、

数回に分けて何度も重ね塗りしましょう。乳液はあくまでもフタとして使うつもりで、化粧水で水分は補います。

脂性肌

顔を洗いすぎたり保湿を控えたりしがちですが、これは逆効果です。顔は優しく洗顔します。スキンケアでは念入りに保湿し、脂性肌の人は「保湿するとベタつく」という思いから、化粧水や乳液での保湿をあまりしない人もいますが、水分をきちんと補わないとお肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしてしまいます。

混合肌

臨機応変にスキンケアを変えましょう。例えば、Tゾーンは脂っぽいけど目元・口元は乾燥している…そんな時は乾燥している部分だけ、さらに化粧水を重ね付けしましょう。脂っぽい部位も、乾燥している部位も、保湿が重要なことは変わりません。このように、肌質によるスキンケア方法は若干異なりますが、基本は化粧水で水分を保湿し、乳液や美容液で油分を補う・水分を逃がさないよう蓋をするというプロセスは同じです。


③メイク前の小ワザ

3分間マッサージ

メイクの前にお肌のマッサージをすることで、コリをほぐして血行を良くする働きが期待できます。指の腹を使って、こめかみと耳の上に水分や老廃物を集め、首のリンパから鎖骨へ流します。

霧吹き

ベースメイク後に顔全体に霧吹きをします。肌水やミスト化粧品を使うと良いでしょう。霧吹き後は、余分な水分をティッシュやスポンジで抑えることもポイントになります。

ティッシュパック

顔にティッシュを乗せてから化粧水をスプレーする方法です。リキッドファンデーションを使う時にお勧めです。

ティッシュフィニッシュ

スキンケアやベースメイク後に軽くティッシュで押さえると、余分な水分や油分を取り除くことができます。

いかがだったでしょうか?

メイクのノリとモチをアップさせるには、メイク前の入念なスキンケアが大きなカギです。

ぜひ、メイク前に一度お試しください!

更新日時: 2018年06月04日 15時25分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事