めぐりをスムーズにする温め美容

めぐりをスムーズにする温め美容

冬は空気が乾燥しているため肌内部の水分が空気中に蒸発。
角層の水分量が減少し、肌がカサつきやすくなります。
さらに寒さによる血行不良でターンオーバー(肌の生まれ変わり)も
乱れやすくなるため、古い角質がはがれ落ちず、
肌に残ってゴワつくことも。
そんな冬の肌悩みを解決するには、日頃からていねいな
スキンケアを行う事が大切です。
まずは肌にうるおいをたっぷり与え、角層の水分量をアップ
させましょう。また、肌や身体をしっかり温め、体内のめぐりを
良くすると、化粧水や乳液などの浸透を促すことができます。


生姜のチカラで寒い朝もほっこり

朝はスキンケアを始める前に、生姜を入れたホット豆乳で一息。
身体を温める効果がある生姜をすりおろして(小さじ1)、豆乳に
入れて温めます。はちみつをちょっと入れ、甘さをプラスしても。

足先を温めて全身の代謝をアップ

足裏は「第二の心臓」と呼ばれるほど様々な神経が集中している
場所で、冷えると血行が悪くなり代謝が衰えます。
40-42度のお湯に足を10分ほど浸すと、全身入浴と同様の温浴効果が。


更新日時: 2018年06月04日 15時25分

商品のお買い求めはこちらから

関連記事